Shops 若者たちの、もう一つのクローゼット

若者たちの、もう一つのクローゼット

代々木公園フリーマーケット

代々木公園フリーマーケット

エリア:原宿

海外を訪れたとき、その土地の蚤の市に足を運ぶのは欠かせない楽しみです。同じように東京を訪れた外国人に教えてあげたいのが、週末に各地で行われるフリーマーケット、通称「フリマ」です。代表的なものがここ、代々木公園を会場とするフリマ。いくつかの団体が主催していますが、平均すると月に数回、週末の土・日に不定期で行われています。

開催日に公園の南側にある会場を訪れれば、2m四方ほどのシートを広げた人々が思い思いの商品を並べている光景に出合えます。原宿という土地柄もあり、商品は圧倒的に洋服が多いですが、面白いのは女の子たちの出店です。男性は選んだものだけ出品する傾向にありますが、彼女たちは自分のクローゼットをそのままひっくり返したように、あらゆるものを並べ尽くす。カラフルで賑やかなその様子はちょっとしたカオスの状態で、まさに東京そのもの。

一般人に混じってスタイリストがプライベートで出店していることもあるようで、そういう店を目あてに足を運ぶひとも少なくありません。

よいものを手に入れるなら、午前10時のオープン直後が必須。午後には店を畳み始める人がいるので、遅くとも昼前には到着するのがいいでしょう。


上写真:会場は原宿駅から徒歩約5分。井の頭通りを西に進み、ケヤキ並木を越えたあたりの左側だ。出店数は日によるが、平均して400程度が集まっている身の回りの不要な物を処分するため、半年から数年に一度くらいのペースで出店する人が多い。

若者たちの、もう一つのクローゼット

若者のファッション事情を反映し、スニーカーも多数出品。レアものはそれなりの値段になっているので、むしろ普通の品を格安で買うのがお薦め。多くのフリマではプロの出店が不可で、出店者は一般の人々となる。

Shops 若者たちの、もう一つのクローゼット