Shops 気持ちのいい隅田川沿いの「テン」で時間を忘れて見入る、吟味された器や服。心...

気持ちのいい隅田川沿いの「テン」で時間を忘れて見入る、吟味された器や服。心洗われるような買い物体験を。

写真:榊 水麗

テン

テン

エリア:清澄白河

大量に並び、随時入れ替わる商品。購入を急かされる接客。通りからひっきりなしに入ってくる客……。都内にはゆっくり買い物を楽しめる場所なんて、もはやないのかもしれない。いえいえ、ありますよ、東東京の清澄白河には! それが、気持ちのいい隅田川の遊歩道沿いにひっそりとオープンしたライフスタイルショップ「テン」です。人通りの多い大通りの裏に設けられ、看板も出ていない入り口をどうぞお見逃しなく。
扱うのは、吟味された器や洋服など。たとえば広瀬陽の器は、型に合わせて成型された銅板に、ガラスの粉を振りかけて焼き上げられています。七宝焼きの技法を応用することで、銅の腐食が醸し出す淡く美しい青色には心惹かれます。吉田直嗣の器は、非常に薄い口の部分の造形に作家の力量を感じます。一方、ウエアブランド「ウィロウ」のシャツは、細い糸で高密度に織られたタイプライター生地を用いていて、軽い質感ながらも堅固なつくりです。
目まぐるしく変わる流行とは距離を置き、少量ながらも時間をかけてつくられた、繊細な表情を見せるアイテムの数々。それらとの出合いを楽しみに訪れると、待っているのは抹茶や台湾茶でのおもてなし。「テン」での買い物は、喧噪から離れた空間で自分の暮らしを見つめ直す時間になりそうです。

上写真:50年以上前に建てられた、印刷会社の倉庫を改装した店。金物加工職人の河合広大のアトリエも併設されています。扉や窓、スロープの手すりなどを手がけた河合にとって、この空間はショールームともいえます。

気持ちのいい隅田川沿いの「テン」で時間を忘れて見入る、吟味された器や服。心洗われるような買い物体験を。

広瀬陽による器。大きめのサイズなので、花瓶としても使用できます。器(径20×H15cm)¥64,800(税込)

気持ちのいい隅田川沿いの「テン」で時間を忘れて見入る、吟味された器や服。心洗われるような買い物体験を。

スプリングコートには、縦糸を竹、横糸を麻で織ったバンブーリネンが用いられています。左:コート(ネイビー)¥62,640(税込)、シャツ(ブルー)¥25,920(税込) 右:コート(カーキベージュ)¥62,640(税込)、シャツ(ホワイト)¥27,000(税込)

気持ちのいい隅田川沿いの「テン」で時間を忘れて見入る、吟味された器や服。心洗われるような買い物体験を。

1935年創業で線香専門店にルーツをもつ「東京香堂」の「香木を楽しむギフトセット」¥6,264(税込)。さじやピンセットまで入っています。

気持ちのいい隅田川沿いの「テン」で時間を忘れて見入る、吟味された器や服。心洗われるような買い物体験を。

2階の奥には器や茶に関する本が並べられ、隅田川を一望できる休憩スペースもあります。居心地のよさに、つい長居してしまう客も多いとか。

    東京都江東区佐賀2-1-17
    TEL:080-4163-1286
    営業時間:13時~19時
    不定休
    www.10-tokyo.com

Shops 気持ちのいい隅田川沿いの「テン」で時間を忘れて見入る、吟味された器や服。心...