Shops アートピースのようなサボテンと出合える「クサムラ トーキョー」で、特別なひ...

アートピースのようなサボテンと出合える「クサムラ トーキョー」で、特別なひと鉢を探そう。

写真:高島啓行

クサムラ トーキョー

クサムラ トーキョー

エリア:新代田

以前からデザイナーやアート業界で注目されていた、サボテンや多肉植物を扱う店「叢(くさむら)」。広島に本拠をおく同店の東京店舗「クサムラ トーキョー(Qusamura Tokyo)」がオープンしました。世田谷の閑静な住宅街にある一軒家の一部を改装した店舗は、まるで美術館のようなミニマルな空間。あえて都心から少し離れた場所に店を構えたのも、時間をかけて足を運んで、アートを鑑賞するように植物とじっくり向き合ってほしいという思いからです。

店内に並ぶ植物はどれも個性的なものばかり。サボテンは一般に親木から生まれた子株だけが販売対象とされますが、この店では、通常はあまり流通しない親木も扱っています。何十年も切断されながらも生きてきた生命力の強い親木は、その貫禄こそが魅力です。

また、生長の遅いサボテンを早く育てるため、台木と呼ばれる別のサボテンに活着する、いわゆる「接ぎ木」をしたものも見どころです。本来はある程度、台木につないだ接ぎ穂が育ったら刈り取るのが一般的ですが、ここでは接いだままの状態で販売。滅多にお目にかかれない、上下で品種の異なる姿がユニークです。品種の珍しさよりも、面白い育ち方をするサボテンを重視した品揃えなのです。

個性的な植物を支える鉢にも、こだわりが。なかには寒川義雄、小野哲平、吉田直嗣など気鋭のうつわ作家に依頼した鉢もあります。まさに、「生きているアートピース」が並ぶ店。定期的にラインアップも入れ替わるので、何度か足を運んで自分だけのひと鉢を探してみてはいかがでしょうか。


上写真:東京店のオープンにあたり、もとあった建物のリノベーションを手がけたのは、「叢」と同じく広島に拠点を置くサポーズデザインオフィス。左側の既存の部分をあえて残しています。今後、地下にギャラリーを設ける予定もあるそうです。

アートピースのようなサボテンと出合える「クサムラ トーキョー」で、特別なひと鉢を探そう。

品種としては珍しいとはいえない「ロビオプシス」というサボテンですが、これは突然変異により、横に伸びる奇妙な姿となりました。鉢は小野哲平のもの。「ロビオプシスhyb.綴化(てっか)」¥162,000(税込、鉢込) 

アートピースのようなサボテンと出合える「クサムラ トーキョー」で、特別なひと鉢を探そう。

左:胴切りをされたの切断部分から、無数の子株が噴き出した個体。「兜丸(かぶとまる)」¥54,000(税込、鉢込) 右:寒川義雄作の鉢に入ったこのサボテンは、接ぎ木をしたままの状態で販売。「竜鱗丸(りゅうりんまる)」¥38,800(税込、鉢込)

アートピースのようなサボテンと出合える「クサムラ トーキョー」で、特別なひと鉢を探そう。

光量を補う特殊なライトを木製のフレームの内側に埋め込んだ台も、オリジナルで製作。「ケッカイ Mサイズ」¥37,800(税込)。置いた鉢は、「盤石(ばんじゃく)モンストローサ」に竜神木というサボテンを接ぎ木したもの。鉢は寒川義雄の作。¥42,120(税込、鉢込)

アートピースのようなサボテンと出合える「クサムラ トーキョー」で、特別なひと鉢を探そう。

京王電鉄井の頭線の新代田駅から徒歩7分という立地。2019年の夏には、店舗前面の庭もリニューアルする予定です。

    東京都世田谷区代田4-3-12
    TEL:03-6379-3308‬
    営業時間:13時~19時
    定休日:火
    http://qusamura.com

Shops アートピースのようなサボテンと出合える「クサムラ トーキョー」で、特別なひ...