営業は2020年まで! 麻布十番のホテル「ニブンノ」で、 台湾アートに触れましょう。

ニブンノ

ニブンノ

エリア:麻布十番

台湾のアートやデザインを発信する、個性的なリノベーションホテルが麻布十番に登場しました。建物は2020年に解体が決まっているため、解体途中の状態で空間がデザインされました。客室の壁は2分割され、下半分がもとの壁のまま、上半分が壁をはがしてコンクリートむき出しの状態に。1階の窓は、解体用の機械で穴を開けたものです。

2階の客室「GALLERY2」では日本のアーティストによる木彫りの壁飾りを、3階の「GALLERY3」では台湾のアーティストによる迫力ある絵画をそれぞれ展示。3カ月ごとに入れ替わる展示作品は購入も可能で、価格帯は1万円~3万円ほどです。

日本であまり知られていない台湾のアートやデザイン。思わず手に取ってしまうものが見つかるはずです。

上写真:台湾のアーティスト・陳青琳の絵画を展示する客室「GALLERY3」。広さ33㎡で、最大4人まで宿泊可。

営業は2020年まで! 麻布十番のホテル「ニブンノ」で、 台湾アートに触れましょう。

1階の売店で販売、台湾のICカード「タイワン トレイン パス」¥2,160(税込)

営業は2020年まで! 麻布十番のホテル「ニブンノ」で、 台湾アートに触れましょう。

持ち手が四角や丸の「アングルカップ」。3つセットで¥7,128(税込)

営業は2020年まで! 麻布十番のホテル「ニブンノ」で、 台湾アートに触れましょう。

ホテル外観。地下にはイベントスペースもあります。