Play 鮨を食べて歌う、という贅沢。

鮨を食べて歌う、という贅沢。

フェスタ飯倉

フェスタ飯倉

エリア:六本木

個室のテーブルの上に会席料理が並び、コスプレを着た男女が熱唱。ここは大人の遊び場。日本が生んだカラオケというカルチャーが辿り着いた、ひとつの進化です。

1971年に生まれたカラオケは、カラオケボックスの爆発的な普及とともに定着しましたが、一方で利用客の間には不満もくすぶりました。「カラオケのメシはなぜまずいのか?」と。麻布台のロシア大使館の隣に、そんな不満を解消すべく93年にオープンした高級カラオケ店の老舗があります。それが「フェスタ飯倉」。

鮨職人が握る鮨を中心とした会席料理を提供し、接待や懇親会など、大人のカラオケ・ニーズに応えてきました。いまでこそ珍しくありませんが、学生がカラオケ・ブームを牽引していた当時、そんなコンセプトの店はほとんどありませんでした。その後、コスプレの無料貸し出しというサービスも加えたフェスタ飯倉は、外交官や芸能人を含む、東京の遊び好きな大人たちの間で独自の地位を確立していきました。

ワインや焼酎も豊富に揃え、利用客に担当者をつけてアフターフォローをするなど顧客対応にも力を入れています。

もう二次会じゃなくていい。食べて飲んで、着替えて歌う。それが大人のカラオケなのです。


上写真:セーラー服からメイド服、着物、チュチュ、着ぐるみまで、コスプレは常時約200種類を無料で貸し出し。堅い会社の人ほど、コスプレで弾けてしまうのだとか。

鮨を食べて歌う、という贅沢。

最寄り駅の神谷町や六本木からは徒歩8~12分かかるため、六本木の喧騒とは無縁。大使館の多い場所柄、土曜日に「鮨を食べたい」と家族連れで訪れる外交官もいる。

鮨を食べて歌う、という贅沢。

料理はすべて和食。まず食事をしてからカラオケを楽しむというグループが多いため、コース料理は早い時間帯にすべて提供するようにしている。

    東京都港区麻布台3-5-7
    TEL:03-5570-1500
    営業時間:17時~翌朝5時
    定休日:日曜日・祝日
    料金:コース料理 ¥4,515~¥7,350(3時間のルーム代・カラオケ代込み)、ほか単品料理や特別メニューもあり
    http://www.festa-iikura.com/
Play 鮨を食べて歌う、という贅沢。

次号予告

今年最も輝いたクリエイターたちの軌跡

クリエイター・アワード2018