Food 清澄白河の青果店「野菜のちから」で、まるごと食べ切る野菜のおいしさに目覚め...

清澄白河の青果店「野菜のちから」で、まるごと食べ切る野菜のおいしさに目覚めましょう。

写真:高島啓行

野菜のちから

野菜のちから

エリア:清澄白河

毎週のように新店がオープンしている清澄白河に、産地直送の新鮮でおいしい野菜を提供する店が誕生しました。ここ「野菜のちから」では、“保ち”より“使い切り”を優先したカット野菜を売るのではなく、丸のままの野菜の味を知って食べ切ってほしいと、「野菜を丸ごと買う暮らし」を提案します。

とはいえ、シングルや高齢者などには、野菜を丸ごと買うと食べきれなくて無駄にならないかと不安も多いもの。そんなハードルを下げてくれるのが、店頭スタッフによるていねいなアドバイスです。「アスパラガスは立てて冷蔵庫の中に入れた方が傷みにくい」「レタスはサラダだけでなく、鍋やお吸い物に入れてもおいしい」といったように、具体的な保存方法だけでなく、調理のアイデアまで教えてくれます。もちろん、売られている野菜の味を知れば、きっと丸のままで買いたくなるはず。並んでいるのは、農業行政にかかわっていたオーナーの今野徹さんが10年以上かけて出合った50の産地から直接、仕入れる野菜。はっとするような甘さのトマト、シャキシャキとした食感を楽しめるアスパラガスなど、その味の濃さや歯ざわりのよさに魅了されます。

また、「グーテ・ルブレ」「ヒグベーグル&カフェ」「ツオップ」など、都内や近郊にある人気のパン屋のパンを日替わりで4~5種販売しているのも特徴。それらのパンと店の野菜を用い、店内で手づくりしたサンドイッチなども人気です。

野菜のちからに足を運ぶことで、日々の調理の幅が広がるかもしれません。


上写真:いま旬の野菜が並ぶ店頭。右上から時計回りに:ワンドロップファーム(千葉県市原市)のキュウリは2本で¥183(税込)、農楽舎(北海道中富良野町)のズッキーニ各¥172(税込)、はるきちオーガニックファーム(北海道石狩市)の白トウモロコシ「ホワイトショコラ」各¥237(税込)、まるほり野菜(北海道由仁町)のカラフルミニトマトはカップに詰め放題で¥453(税込)、佐賀井農園(北海道長沼町)のトマト各¥194(税込)※野菜の種類や価格は時季により変わる場合があります

清澄白河の青果店「野菜のちから」で、まるごと食べ切る野菜のおいしさに目覚めましょう。

野菜だけでなく、パンや総菜も並びます。スタッフとの間に自然と会話の生まれる店内は、いつも多くの客で賑わっています。

清澄白河の青果店「野菜のちから」で、まるごと食べ切る野菜のおいしさに目覚めましょう。

取材時に販売されていたパンは、勝どきや入谷に店を構えるグーテ・ルブレのもの。クルミパンが人気です。上段左から、「プチ」各¥108(税込)、「玄米くるみ」各¥194(税込)

清澄白河の青果店「野菜のちから」で、まるごと食べ切る野菜のおいしさに目覚めましょう。

グーテ・ルブレのパンと店で扱う野菜でつくったサンドウィッチ。平日は日替わりスープと合わせてセットでも販売。「サンドウィッチとスープのセット」¥756(税込)

清澄白河の青果店「野菜のちから」で、まるごと食べ切る野菜のおいしさに目覚めましょう。

真っ白な暖簾が目印です。今日はどんな野菜やパンが並んでいるのかは、暖簾をくぐってからのお楽しみ。

    東京都江東区清澄2-7-9
    TEL:03-6458-5508
    営業時間:11時~20時(火~金) 9時~18時(土、日、祝)
    定休日:月

Food 清澄白河の青果店「野菜のちから」で、まるごと食べ切る野菜のおいしさに目覚め...