Food 身体に沁みる、やさしい燗酒。

身体に沁みる、やさしい燗酒。

佳肴 みを木

佳肴 みを木

エリア:銀座一丁目

和服に割烹着姿ではんなりとした笑顔の女将、渡辺愛さんが迎えてくれると、ほっと心がほどけていく。

こういう気分の時に、すっと身体に染みるお酒の飲み方が日本にはある。燗酒だ。


渡辺さんは神田の名居酒屋「新八」で修業を積み、この世界に入ったが、もともとは広告クリエイティブの仕事をしていたという。「日本酒仲間との酒蔵巡りに始まり、もの作りという部分に惹かれていきました」。いまは冷酒で提供する店が多いが、昔ながらの居酒屋には「お燗番」という燗をつける担当がいるほど、燗酒には繊細さが要求される。約33度の日向燗、約37度の人肌燗とその名前も小粋である。


「冷やして美味しくいただくワインとは違い、さまざまな酸が複雑に絡み合う日本酒は、温めることで味が開くのです。そして体温に近い温度に温めることで、すっと沁みこみ、身体にとっても楽なんです」と燗酒の魅力を渡辺さんは説明する。


ここでの燗酒は純米酒が基本。濃厚な米の風味が豊かな純米酒は、華やかさのある吟醸酒よりも燗映えする酒が多いのだ。燗の技でふくよかな旨みが引き出された日本酒を、ぜひ堪能していただきたい。


上写真:「ご指定がなければ、つい燗にしちゃうんです」と笑う渡辺さん。おまかせにして、酒の個性に合わせて温度を変えるお燗番の技を満喫したい。

身体に沁みる、やさしい燗酒。

手前より、少しずつ楽しめる本日お薦めの酒肴盛り合わせ(小盛り)¥1,200、タコと冬瓜の炊き合わせ¥1,180。「神亀純米辛口」は1合¥780

身体に沁みる、やさしい燗酒。

銀座という場所ながら気負いなく入ることができる。昔ながらの居酒屋のもつ温かさを今様にした店だ。席数も多いのでふらっと訪ねてみてほしい。

    東京都中央区銀座2-2-4 ヒューリック西銀座第2ビルB1
    TEL:03-3563-6033
    営業時間:17時~22時30分L.O.
    定休日:第三日曜を除く日曜日
    http://www.miogi.jp/
Food 身体に沁みる、やさしい燗酒。