Food 名店のDNAを受け継ぐ、馥郁たる蒲焼。

名店のDNAを受け継ぐ、馥郁たる蒲焼。

小満津

小満津

エリア:東高円寺

かつて「竹葉亭」「大黒屋」と並び、高名な芸術家・北大路魯山人に“一流のうなぎ屋”と言わしめたのが京橋「小満津」。作家・小島政二郎もまた、著書『食いしん坊』のなかでその蒲焼を称賛するなど、数多の伝説を残しながら1964年に惜しまれつつ店を閉じました。

やがて、16年の後、店主の孫にあたる前田治雄氏がうなぎ職人としての意思を継ぎ、東高円寺で再開したのがここ「小満津」です。


うなぎは古くは先史時代の遺跡から骨が出土され、奈良時代の『万葉集』では大伴家持が詠うなど、長く日本人に食されてきました。なかでも蒲焼は、江戸期に現在に続くスタイルが大成した日本独自の料理法です。「串打ち3年、割き5年、焼き一生」と言われるように、シンプルゆえに求道的な仕事が要求されます。


「仕入れた国産うなぎの個性に応じて、たれ・蒸し・焼きを微調整していきます」。重箱のふたを開けると湯気と同時に香気があたりを包み込みます。備長炭で焼き上げたしなやかな蒲焼は、みりんと醤油が絶妙なかげん。その昔、芸術家や文士らを魅了した技は、脂が乗ったうなぎ職人の手によって、いまも住宅街の片隅で脈々と息づいています。


上写真:きも吸いとお新香が付いたうな重(梅)は、¥5,000。正方形の特殊な重箱は、先代の祖父が特注したもの。うな重(竹)¥4,000、白焼き¥4,300、コース¥9,500~がある。

名店のDNAを受け継ぐ、馥郁たる蒲焼。

店内のガラス越しに、前田氏の丹精を尽くす仕事が垣間見える。大学卒業後、神田「きくかわ」にて、うなぎ職人の道へ。女将さんの快活な接客も名物だ。

名店のDNAを受け継ぐ、馥郁たる蒲焼。

青梅街道沿い、茶色い垂れ幕の屋号が目印。2009年9月に、近所の中野区本町から移転した。客席の数を18席に若干減らし、ゆったりと料理を堪能できるようになった。

    東京都杉並区和田3-62-3 芙蓉ハイツ101
    TEL:03-3315-1575
    営業時間:11時30分~14時、17時~20時
    定休日:月曜日
    要予約
    http://www.geocities.jp/unagi_komatsu/
Food 名店のDNAを受け継ぐ、馥郁たる蒲焼。