Food できたて白玉は老舗の味。

できたて白玉は老舗の味。

初音

初音

エリア:人形町

江戸時代、人形を作る職人たちが集められたことに由来する人形町は、人形浄瑠璃はもちろんのこと、中村座や市村座といった歌舞伎小屋もあり、浅草や深川に次ぐ一大繁華街。


ここで江戸末期、「初音」は開業。芋を使った庶民のおやつを売っていたそうです。いまでは、水天宮に訪れた家族連れや毎日、夕方になると顔を出す常連客、店構えに惹かれてフラリと立ち寄った客などが、さまざまな甘味が並ぶメニューを前に思案します。人気は“ 白玉クリームあんみつ” 。

「台風が来るとなると、沖縄のサトウキビは? 北海道の小豆は? と、真っ先に気になります」と7 代目の娘。北海道の手撰小豆から7 代目の息子が餡を作り、大女将が丸めた白玉は作りおきをせずその都度、茹でられます。

そして、沖縄の島々で採れたサトウキビから作る黒蜜か白蜜をチョイス。トイレなどで席を離れている間は決して、テーブルには出しません。だから、茹で上がったばかりの白玉はつるんとした舌触りにシコシコとした弾力。黒蜜が絡んだ寒天はほんのり甘く歯ごたえ十分。

いまや日本全国のおいしいものが集まるデパ地下でさえ手に入らない味を、堪能できるのです。


上写真:関東大震災や戦争を経て、日比谷線開通をきっかけに現在の建物に。6代目が鼓をデフォルメ、図案化、内装の細部に取り入れた。清潔で静かな空間だ。

    中写真:初代が芝居好きだったため店名が「初音」に。予約席の札を見つけて尋ねると、「車椅子や小さな子ども連れのお客さまのためにひとつ空けておくのです」と。

    下写真:鉄の茶釜からお湯を汲んでお茶を。人気の白玉クリームあんみつ¥950のほか、秋には東京では珍しい黄粉を使った葛餅、冬にはお汁粉など季節の甘味も。
    東京都中央区日本橋人形町1-15-6
    TEL: 03-3666-3082
    営業時間:11時~20時(月~土)、
    定休日:11時~18時(日・祝)
    無休
    現金のみ
Food できたて白玉は老舗の味。