Food 渋谷で愛される、大人の駄菓子屋。

渋谷で愛される、大人の駄菓子屋。

富士屋本店

富士屋本店

エリア:渋谷

このあたり、昔は立ち飲みが多かったけど、その当時から残っているのはここだけだね。東急の上からロープウェイが出ていた頃だね。ほら、ここに1,000円置いて。そこから飲んだ分を引いてってくれるから。そうだな、せっかくお会いしたからうれしいね、もう1杯だけ飲んで帰るよ。――これは初めてこの店を訪ねた日、隣の常連氏(80歳)との会話。


ここ「富士屋本店」を知る人は、なぜか皆「大人の駄菓子屋だね」と言う。1,000円と小銭があれば酔える。メニューは黒板と木札という正しき居酒屋スタイル。厨房を囲むカウンターは角が丸くすり減っているが、それだけ肘をついて人々が飲んできた歴史というわけだ。


きびきびと厨房で働く人のなかでも、ひと際ぴしっとしている女性がいる。原川ヨシエさんだ。「カマ焼き? 量多いけど食べられる?」「まだ飲むの?」。
常連でも一見でも気をかけてまわる。老舗だけれど堅苦しさは皆無。勝手がわからなくても、原川さんや先輩諸氏が教えてくれるから。ギターを背負ったロック青年から先の常連歴数十年の紳士まで、みんないい顔で飲んでおり、そして平等。この場と酒を愛す人たちが今日も集う。


上写真:時間帯によって、来る人もさまざま。開店は17時。気が早い人が店の前にいることもある。この日は大相撲のテレビ中継を見ながら一喜一憂の酒。

渋谷で愛される、大人の駄菓子屋。

ハムキャベツ¥300。キャベツの千切りにハムとマヨネーズというシンプルさなのに、人気のメニュー。ビール大瓶¥450はこのエリアでは安い。

渋谷で愛される、大人の駄菓子屋。

季節の肴は黒板に、定番は木札に。どれも数百円程度という駄菓子感覚。焼酎は小瓶¥600のみ。ホッピー¥200で自分の好きな濃さに割って飲む。

    東京都渋谷区桜丘町2-3 富士商事ビルB1
    TEL: 03-3461-2128
    営業時間: 17時~21時30分
    定休日:日曜日・祝日・第4土曜日
    現金のみ
Food 渋谷で愛される、大人の駄菓子屋。