Eat 都会の真ん中で和菓子を堪能できる、新しい「とらや 赤坂店」。心穏やかになれ...

都会の真ん中で和菓子を堪能できる、新しい「とらや 赤坂店」。心穏やかになれる空間です。

写真:湯浅 亨

とらや 赤坂店

とらや 赤坂店

エリア:赤坂

東京オリンピックが開催された1964年、9階建てのビルとして誕生した「とらや 赤坂店」。2018年10月1日、空が広く見える気持ちのいい空間を擁する、4階建ての建物としてリニューアルしました。

1階は予約商品を受け取れるエントランス。急いでいる時にも素早く対応してもらえます。2階は定番商品から赤坂店限定の特製羊羹「千里の風」など、さまざまな菓子が並ぶ売り場となっています。3階は菓寮で、カウンター席やテラス席からは豊川稲荷や赤坂御用地の緑を眺められ、都会の真ん中にいながら自然を感じて気持ちよく過ごすことができます。さらに地下1階はギャラリーとして、和菓子や日本文化をテーマにした企画展やイベントを開催。18年12月30日までは第1回企画展として、大正7年にまとめられた菓子見本帳に描かれた約450点の羊羹の意匠が四面の壁にズラリと展示される『とらやの羊羹デザイン展』が開催されています。

奈良の吉野檜を用い、1階から3階まで吹き抜けとなった開放感ある新たな館。「簡素にして高雅」という建築コンセプトの通り、落ち着いた空間で和菓子を心ゆくまで堪能できそうです。


上写真:2階に上がるとすぐに目に入る「虎屋」のロゴ。黒漆喰の壁が格式の高さを感じさせます。

都会の真ん中で和菓子を堪能できる、新しい「とらや 赤坂店」。心穏やかになれる空間です。

3階の菓寮。天井も高く設計されていてのびのびと寛げます。店舗設計はこれまでもとらやに深くかかわってきた建築家の内藤廣。

都会の真ん中で和菓子を堪能できる、新しい「とらや 赤坂店」。心穏やかになれる空間です。

3階では、職人が菓子をつくっている「御用場」も見ることができます。四季の移り変わりを感じられる環境に、職人もインスピレーションを受けるのだとか。

都会の真ん中で和菓子を堪能できる、新しい「とらや 赤坂店」。心穏やかになれる空間です。

地下1階のギャラリー。菓子見本帳の他に、「羊羹づくりの道具や原材料」「日本各地の名所にちなんだ羊羹」などの展示も行われ、中央には1978年から1992年まで使用されていた寒天溶解釜が鎮座しています。

都会の真ん中で和菓子を堪能できる、新しい「とらや 赤坂店」。心穏やかになれる空間です。

赤坂店限定の特製羊羹「千里の風」。黄と黒の虎斑模様がひと際、目を惹きます。写真は、食べやすい中形サイズです。¥1,944(税込)

    東京都港区赤坂4-9-22
    TEL:03-3408-4121(代)
    営業時間:売場:8時30分~19時(月~金) 9時30分~18時(土、日、祝)
                       菓寮:11時~18時30分(月~金) 11時~17時30分(土、日、祝)
                       ギャラリー:10時~17時30分
    定休日:毎月6日(12月を除く)
    www.toraya-group.co.jp/toraya/shops/detail/?id=5

Eat 都会の真ん中で和菓子を堪能できる、新しい「とらや 赤坂店」。心穏やかになれ...

次号予告

今年最も輝いたクリエイターたちの軌跡

クリエイター・アワード2018