Eat 清澄白河で出合う、新しい中国料理と自然派ワイン。「O2」はいまの気分にぴっ...

清澄白河で出合う、新しい中国料理と自然派ワイン。「O2」はいまの気分にぴったりなカジュアル・ダイニングです。

写真:湯浅 亨

オーツー

オーツー

エリア:清澄白河

清澄白河でモダンな中国料理と自然派ワインを楽しめる店が話題となっています。中国料理の修業を15年積んだ大津光太郎さんがオープンさせた「O2」。これまでの中国料理の概念にとらわれない、新鮮味のあるコース料理が並びます。銚子のカツオにニンニクやショウガ、ミョウガなどでつくったソースをかけたものにピンクグレープフルーツを合わせたひと皿は、油淋鶏のタレがカツオのたたきの薬味に似ていることから考案されたもの。コースの前半に登場するチャーシューは、焼き置きではなく焼き立てを。牛頰肉を醤油やチキンスープでやわらかく煮込んだメイン料理は、下ゆでに1時間、味をつけて煮るのに1時間、さらに1.5時間蒸すことで、しっとりとした食感に。白酢で酸味も加えられているので、肉料理でもしつこさがありません。そんな料理に合わせるワインは、さらりと飲みやすい自然派ワインです。どっしりした中華ではなく、一皿ひと皿を無理なく味わえ、全皿食べ終えて満足できるコース料理。のんびりとした空気の流れる清澄白河で、ゆっくりとご賞味あれ。

上写真:前菜3種のうちのひとつ、さっぱりしたカツオのたたきにピンググレープフルーツを合わせた1品。涼しげで美しい皿は、千葉県九十九里町の菅原工芸硝子のものです。コースは、メインが肉料理の5,400円(税込)のコースと、メインがフカヒレの10,800円(税込)のコースの2種。

清澄白河で出合う、新しい中国料理と自然派ワイン。「O2」はいまの気分にぴったりなカジュアル・ダイニングです。

5,400円(税込)のコースから、「牛ホホ肉の豆豉煮込み」。箸を入れた直後に崩れるほどのやわらかさです。クレソンとともに添えられているのは、「インカのめざめ」というジャガイモを牛乳やバターと合わせてローストしたもの。ワインは、フランス南西地方の「ロゼ・キ・トゥーシュ」を合わせて。

清澄白河で出合う、新しい中国料理と自然派ワイン。「O2」はいまの気分にぴったりなカジュアル・ダイニングです。

コースの他にアラカルトも用意。通常の挽き肉と粗挽き肉の2種類を用いることで食感の違いを出した、「焼売」2ケ¥432(税込)。ブラックペッパーがスパイスとして効いてます。

清澄白河で出合う、新しい中国料理と自然派ワイン。「O2」はいまの気分にぴったりなカジュアル・ダイニングです。

10坪ほどの小さな店内でも、大きな窓や、抜かれた天井のおかげで開放感抜群。カウンターからは、大津さんとお客さんとの楽しげな会話が聞こえてきます。

清澄白河で出合う、新しい中国料理と自然派ワイン。「O2」はいまの気分にぴったりなカジュアル・ダイニングです。

大津さんの姓から付けられた店名や、ところどころに飾ってある映画『スターウォーズ』のグッズなどから、遊び心の感じられる店内。

    東京都江東区三好2-15-12 峯岸ビル1F
    TEL:03-6458-8988  ※予約は13時〜17時
    営業時間:18時~23時L.O.
    定休日:月曜(臨時休業あり)
    https://o2otsu.wixsite.com/o2info

Eat 清澄白河で出合う、新しい中国料理と自然派ワイン。「O2」はいまの気分にぴっ...

次号予告

ブルックス ブラザーズから始まった定番スタイル

やっぱり、アメトラでいこう。