Eat 神楽坂で、ふらっと立ち寄れるがっつりフレンチ。

神楽坂で、ふらっと立ち寄れるがっつりフレンチ。

ボルト

ボルト

エリア:神楽坂

「『半年に一度の贅沢』だけがフレンチの形ではない。働き盛りの世代が毎週来ても満足できる、そんな店をつくりたくて」と語るのは、「ボルト」の店主、仲田高広さん。

どっしりとしたフレンチをカジュアルダウンしたアラカルトが得意なこの店。看板メニューの「ラムシャンクブレゼ」は、濃厚なソースの味わいとスパイスの香り、そして奥からしみ出す肉の旨みが絶品です。
料理に合わせる酒も、ワインだけでなく日本酒や焼酎、ウイスキーまで幅広く揃います。1品ずつ料理とのペアリングも提案してくれるのです。
アットホームな雰囲気の中、がっつりフレンチで活力をチャージ。バリバリ働いた後にふらっと立ち寄りたい、そんなビストロです。

上写真:ラムの前脚すね肉を、フォンドボーやスパイスなどで煮込んだ自信作「ラムシャンクブレゼ」¥2,800。重口の赤ワインとともに。

神楽坂で、ふらっと立ち寄れるがっつりフレンチ。

さっぱりとした「鰯の酢〆、焼きなすのなめろう」は、前菜として最適の一品。¥1,300

神楽坂で、ふらっと立ち寄れるがっつりフレンチ。

「てっぽうとブロッコリーのレモンバター炒め」¥1,200

神楽坂で、ふらっと立ち寄れるがっつりフレンチ。

全10席。カウンターのみだが、そのぶん、店主との距離が近いのが魅力です。

    東京都新宿区箪笥町27 神楽坂佐藤ビル1F
    TEL:03-5579-8740
    営業時間:17時~23時L.O.
    定休日:月曜日、第2・第4火曜日

Eat 神楽坂で、ふらっと立ち寄れるがっつりフレンチ。

次号予告

縄文土器から現代アートまで、語れるネタを伝授します。

超おさらい! 日本美術史。