Buy 「ナガエプリュス」初の直営店は、錫の魅力をとことん味わい尽くせる最先端の空...

「ナガエプリュス」初の直営店は、錫の魅力をとことん味わい尽くせる最先端の空間です。

写真:湯浅 亨

ナガエプリュス

ナガエプリュス

エリア:外苑前

高岡の金属加工技術をベースに、世界のさまざまな職人技術を融合させたプロダクトを次々と生み出しているブランド「NAGAE+(ナガエプリュス)」。伝統と最新技術をテーマにした商品は、器やアクセサリー、マッサージツールまでと多岐にわたり、ものづくりの高い技術とデザイン性が日本のみならず海外から注目を集めているブランドです。

その初の直営店が2018年11月、外苑前にオープンしました。店内は、ナガエプリュスのプロダクトのメイン素材である錫をふんだんに使った壁が輝く上質な空間。また、「小昼屋(こびるや)」と呼ばれるスペースも併設されています。「小昼」とは北信越や東北地方の風習で、仕事の合い間に簡単な食事を楽しむ小休憩のこと。いまはまだ準備中ですが、19年春から、小昼屋では実際の商品を使ってお茶や日本酒をサーブする取り組みが始まります。フードロスを減らそうという観点から、寿司屋で通常なら廃棄されてしまう生魚の切れ端を利用したちらし寿司や、こだわりの酒造による日本酒とおつまみなど、さまざまなメニューが展開される予定です。

オープンに先駆けて、「ミニマル ビーントゥバーチョコレート」の代表・山下貴嗣さんと利酒師の中山士門さん監修によるチョコレートと日本酒のコラボレーションイベントも開かれました。今後もこのようなワークショップを開催予定で、ナガエプリュス代表の鶴本晶子さんはこの店を「日本のものづくりを発信するプラットホームにしたい」と語ります。

ギフト選びはもちろん、食体験も楽しみなナガエプリュス。さまざまな角度から日本のクリエイティブを体感できる店です。


上写真:ナガエプリュスの全商品を扱う店舗。錫でできたパネル180枚を使った壁が、洗練された表情を生み出しています。

「ナガエプリュス」初の直営店は、錫の魅力をとことん味わい尽くせる最先端の空間です。

色を付けるのがが難しい錫に特殊加工で着色したタンブラー「シキカラ―ズ」Lサイズ各¥16,200(税込)。錫は酒をまろやかな味わいにするといわれています。

「ナガエプリュス」初の直営店は、錫の魅力をとことん味わい尽くせる最先端の空間です。

店内にはスタンディングのカウンターと、10名まで座れるテーブル席が用意されています。

「ナガエプリュス」初の直営店は、錫の魅力をとことん味わい尽くせる最先端の空間です。

小昼屋(こびるや)で供される食器は購入可能です。中央は、テーブルウェアシリーズ「ラティオストーン」から径240mmの皿¥37,800(税込)。右の小皿は参考商品。右上は、飲み口の角度を変えることで味が変化し、日本酒からワインまでおいしく楽しめる猪口「トラベルチョコ」。¥16,200(税込)

「ナガエプリュス」初の直営店は、錫の魅力をとことん味わい尽くせる最先端の空間です。

小昼屋ではキャッシュレス決済の無人システムを導入しました。客が自身でタッチパネルからメニューを選び、注文できます。WeChatPayなどでの支払いも可能です。

    東京都渋谷区神宮前2-5-4 SEIZAN 外苑1F 102
    TEL:03-6434-5643
    営業時間:12時〜18時
    定休日:月、不定休
    https://nagae-plus.com/jp/shop

Buy 「ナガエプリュス」初の直営店は、錫の魅力をとことん味わい尽くせる最先端の空...