Shops ユニホームから日本茶まで! スポーツウエアの枠を超えた店、「デサント トウ...

ユニホームから日本茶まで! スポーツウエアの枠を超えた店、「デサント トウキョウ」が渋谷にオープンしました。

写真:高島啓行

デサントトウキョウ

デサントトウキョウ

エリア:渋谷

水沢ダウンをはじめ、スポーツウエアで培ったノウハウを活かし、近年さまざまなアパレルラインを展開しているデサント。そのデサントの旗艦店が渋谷の明治通り沿いにオープンしました。ここは国内最大規模とあって、地下1階から2階まで併せて約530㎡という広さを誇ります。

入り口には、まるで服が浮いているようにディスプレイされたスペースが。季節によって内容は変わりますが、現在はミュンヘンで毎年開催される世界最大のスポーツの展示会「イスポ(ISPO)」で高く評価されたオルテラインのシリーズが並んでいます。デサントは、技術力や環境への配慮などに厳しい審査基準が設けられているイスポ・アワードを、2013年から7年連続で受賞しているのです。

さらにそのディスプレイスペースの隣には、鹿児島に本店を構える「すすむ屋茶店」による本格的な日本茶を楽しめるコーナーを併設。疲労回復や免疫力向上など、さまざまな効能のあるとされる日本茶を、専門のスタッフが体調に合わせてセレクトしてくれます。ふらりと立ち寄って、ちょっとお茶を楽しむのもよさそうです。

2階には、「デサントブラン」を展開。デサントオルテラインはじめ、オーラリーの岩井良太がデザインを手がけた「デサントポーズ」など、街着として普段使いできるウエアが充実。さらに同フロアには「ヌマブックス」が選んだ書籍も販売しており、セレクトショップさながらの雰囲気です。3フロアにわたって、スポーツウエアを軸にした新しいライフスタイルを提案している「デサント トウキョウ」。定期的にトークイベントやワークショップの開催も予定されており、今後の展開も要チェックです。


上写真:この店舗ではトルソーを一切使わず、商品は上から吊るされるようにディスプレイされています。内装は代官山店、丸の内店に続き、スキーマの長坂常が手がけました。

ユニホームから日本茶まで! スポーツウエアの枠を超えた店、「デサント トウキョウ」が渋谷にオープンしました。

左:オルテラインのアウター「プライムフレックス スタックフーデッドコート」¥60,480(税込)。オルテラインとは「all」(全て)と「terrain」(地形)とを組み合わせた造語で、年齢やシーンを選ばないという意味が込められています。右:「デサントポーズ」というラインの「ダブルジャケット」¥34,560(税込)。伸縮性と撥水性を兼ね備えた素材を使い、端正なに仕上げたデザインでビジネスシーンでも活躍しそうです。

ユニホームから日本茶まで! スポーツウエアの枠を超えた店、「デサント トウキョウ」が渋谷にオープンしました。

プライムフレックス スタックフーデッドコートの首回りには、クイック・バースト・ジッパーを採用。襟の内側のファスナーの一部が開いているので、そこに指を入れて左右に裂くように開くと、すぐにフードが出てくる仕組みです。

ユニホームから日本茶まで! スポーツウエアの枠を超えた店、「デサント トウキョウ」が渋谷にオープンしました。

デサントの原点ともいえる野球ユニホームも販売。オリジナルの刺繍を施すなど、カスタマイズも可能です。

ユニホームから日本茶まで! スポーツウエアの枠を超えた店、「デサント トウキョウ」が渋谷にオープンしました。

本格的な日本茶が楽しめる1階には、すすむ屋茶店の茶葉だけでなく、デサント トウキョウだけのオリジナル茶葉も販売しています。

Shops ユニホームから日本茶まで! スポーツウエアの枠を超えた店、「デサント トウ...