Buy 静かに注目を集める西荻窪にオープンした「ダーナー」は、“素直にいいモノ”に...

静かに注目を集める西荻窪にオープンした「ダーナー」は、“素直にいいモノ”に出合える、ヴィンテージショップです。

写真:湯浅 亨

ダーナー

ダーナー

エリア:西荻窪

近頃、センスのいい古道具屋や雑貨屋などが増えている西荻窪。隣の吉祥寺が大規模になったいま、住宅街と商店が絶妙に混じり合う落ち着いた雰囲気に惹かれ、個人オーナーの店のオープンが相次いでいると言います。
5月3日にオープンしたヴィンテージ北欧家具の店「ダーナー」もそのひとつ。オーナーの本間慎祐さんは吉祥寺の北欧家具店に8年間勤め、今年独立。店内にはデンマークではおなじみのFDBモブラーなど、1950~70年代の丈夫で美しいヴィンテージ家具が並びます。デンマークの蚤の市などで買い付けられたという選りすぐりの家具は、本間さん自身が家具の修理も行い、時には生地の張り替えを行うこともあるそう。
家具だけでなくヴィンテージの雑貨類も注目です。ロイヤルコペンハーゲンの「バッカ」や「テネラ」シリーズのヴィンテージ・プレートなどは、自然からインスパイアされたデザインで根強いファンをもっています。
仕入れる商品は「デザインの美しさや造りの良さ」はもちろん、使用する際のシーンをイメージしながら、空間との調和を考えて選んでいるそう。デザイナーのものにこだわらないこともあって、手頃な価格のものが多い印象です。そして何よりも「インテリアを楽しむ気持ち」を大切にして商品を選んでいると本間さんは言います。きっと「素直にいい」と思える家具に、出合えるに違いありません。


上写真:店は西荻窪駅から徒歩10分ほど。ダイニングテーブルや椅子を中心に、北欧だけでなくイギリスなどヨーロッパの家具や照明も並びます。

静かに注目を集める西荻窪にオープンした「ダーナー」は、“素直にいいモノ”に出合える、ヴィンテージショップです。

ポール・M・ヴォルターがデザインしたFDB社のアームチェア「J62」¥58,000(税込)。STOF2000というデンマークのファブリックブランドの生地で張り替えています。

静かに注目を集める西荻窪にオープンした「ダーナー」は、“素直にいいモノ”に出合える、ヴィンテージショップです。

デンマークで見つけたという、ネストテーブル¥150,000(税込)。アラン・ウォールワークのタイルを埋め込んだデザインです。

静かに注目を集める西荻窪にオープンした「ダーナー」は、“素直にいいモノ”に出合える、ヴィンテージショップです。

棚の左側に置かれたロイヤルコペンハーゲンのイヤーキャンドルスタンド、各¥8,500(税込)と、同じく右側のロイヤルコペンハーゲンのテネラのプレート¥13,000(税込)。

静かに注目を集める西荻窪にオープンした「ダーナー」は、“素直にいいモノ”に出合える、ヴィンテージショップです。

白く塗られたファサードが目印。窓やドアの造作は本間さん自身が手がけたそうです。

    東京都杉並区宮前3-35-16 1F
    TEL:03-6874-3228
    営業時間:11時~18時
    定休日:水、木 
    www.dawner.jp

Buy 静かに注目を集める西荻窪にオープンした「ダーナー」は、“素直にいいモノ”に...