Activities 日本が誇る、スタジオジブリの世界。

日本が誇る、スタジオジブリの世界。

三鷹の森ジブリ美術館

三鷹の森ジブリ美術館

エリア:三鷹

三鷹の森ジブリ美術館に着くと、まず出迎えてくれるのはトトロ。緑の茂る屋上にはロボット兵がいて、2階ではネコバスが子どもたちを待っています。

でも、この美術館ではむしろ、スタジオジブリの「創造の源」が垣間見られることに心を躍らされます。

1階の常設展示室「映画の生まれる場所(ところ)」は、さまざまな本やガラクタが置かれ、壁にはおびただしい数のイラストやスケッチが貼られた部屋。誰の部屋と書かれているわけではありませんが、宮崎駿監督の部屋を想像させるような展示に思わず見入ってしまいます。

ほかにも、アニメーションの仕組みがわかる「動きはじめの部屋」や、ここでしか見られない短編映画を上映する映像展示室「土星座」。よく知った長編作品の世界が再現されているわけではないものの、見逃せない展示です。

ここは、東京が生んだ“ 世界のジブリ” から子どもたちへの贈り物。国内外で多くのファンに支持され、空前のヒット作を生み出し続けるスタジオジブリの「創造力」はどこから来るのか。「トトロに会いたい!」という子どもでなくても、都心から足を延ばして三鷹を訪れる価値はあります。


上写真:屋上には、高さ約5mもある『天空の城ラピュタ』のロボット兵の姿が。美術館の各所に「これは?」と思う展示物がさりげなく置かれていて、探し出す楽しみもある。

日本が誇る、スタジオジブリの世界。

イメージボードと呼ばれる絵が多数壁に貼られている「映画の生まれる場所」。映画制作時には、こういう作業を繰り返して世界観を作り上げていく。

日本が誇る、スタジオジブリの世界。

ガラスのドームや空中廊下がある中央ホール。宮崎駿監督のスケッチをもとに設計されたジブリ美術館には、ジブリ作品と同じような雰囲気が漂う。

    東京都三鷹市下連雀1-1-83(都立井の頭恩賜公園西園内)
    TEL:0570-055-777
    開場時間:10時~18時(入場は日時指定の予約制で、チケットはローソンでのみ販売)
    定休日:火曜日
    料金:¥1,000(大人)、¥700(中高生)、¥400(小学生)、¥100(4歳以上)
    http://www.ghibli-museum.jp/
Activities 日本が誇る、スタジオジブリの世界。