スケルトン&オープンワークの腕時計に注目せよ!

写真:宇田川 淳 文:笠木恵司 協力:遠藤和呼

スケルトン、あるいはオープンワークやオープンハートなど表現は様々ですが、ダイヤルから機械式のメカが見られる時計が顕著に増加してきました。15年ほど前は、裏蓋にサファイアクリスタルをはめ込んだシースルーバックですら一般的ではなかったので、まさに近年の特徴的な傾向といっていいでしょう。かつて機械式時計を象徴するのはスモールセコンドでしたが、前述したシースルーバックが常識的になってきたことから、今度はダイヤル側も見せるようになったとも考えられます。ただし、ダイヤルに単純に窓を開けるのでなく、テンプの位置を前面に出すなど、「見せる」ことを前提としてムーブメントを新たに設計・開発したモデルが少なくありません。つまり、機械を美しく見せられるブランドは、それだけ高度な技術力を持っているわけです。さらに、機械式のメカは思わず目を奪われるほど芸術的な魅力にあふれていることが、時計好きに限らず広く認識されつつあることを意味しているのではないでしょうか。

次号予告

ブルックス ブラザーズから始まった定番スタイル

やっぱり、アメトラでいこう。