話題の醸造所「フジマル」のオーナーがお薦めする、いま飲むべき日本のワイン15

Pen8/15号連動企画 もっと知りたい「おいしい東京」

タキザワワイナリー・ミュラー・トゥルガウ2013 9

タキザワワイナリー・ミュラー・トゥルガウ2013

¥2,944

北海道三笠市にあるワイナリー。コーヒー店を営んでいた滝沢信夫さんがワイン造りを目指したのは2004年のこと。コーヒーを極めるにはコーヒー豆の栽培から始めなければなりませんが、それには北海道だと寒すぎます。そこで北海道でも極められるワイン用ブドウの栽培を思いついたそう。ピノ・ノワールとソーヴィニヨン・ブランの小さな自社畑があります。
ワイン造りを担当するのは、フランスのブルゴーニュやニュージーランドで学んだ宮本亮平さん。「このワイナリーで造られるワインは、どれもピュアできれいな酸味が特徴です。収穫した時のままのバランスを、瓶詰めまでキープしている。ミュラー・トゥルガウはアロマティックなフレーバーも心地よく、食事にも合わせやすいワインです」

いま飲むべき日本のワイン15本トップページへ

次号予告

ファッションについて 語るときに あの人の語ること。