いま気になるのは、
MOPダイヤルの腕時計。

写真:宇田川淳 文:笠木恵司
協力:遠藤和呼

MOPダイヤルとは?

高級腕時計のダイヤル(文字盤)が華やかになってきました。これまではメタリックなシルバーやホワイト、それにブラックが主流でしたが、ここ数年はグレーに加えてブルーやブラウンも定番化。さらにピンクやレッドなどの原色も登場しているほか、塗装技術の発達を背景として、鮮やかな発色のダイヤルも少なくありません。 そんな中で人気を高めているのがMOP、マザー・オブ・パールです。文字通りに真珠を育成する母貝であり、その裏側の真珠層を剥離または薄く切削してダイヤルに加工します。アコヤガイ、白蝶貝、黒蝶貝などが一般的ですが、その種類や産地、採取する貝殻の部位によっても色はかなり異なります。裏側から人工的に着色するケースもありますが、天然素材であるため、光沢や色合いがまったく同じものはなく、いわばオンリーワンの希少性も魅力といえるでしょう。レディスモデルでは一般的な素材でしたが、近年はメンズにも広がっており、ベーシックな3針だけでなく、クロノグラフなどのスポーツモデルやコンプリケーションでもMOPダイヤルを採用し、虹色の神秘的な光沢がもたらすラグジュアリー感を楽しめるモデルが増加しています。