表現したのはあの“操作感”。アナログ仕様の「ヤシカ デジフィルム カメ...

表現したのはあの“操作感”。アナログ仕様の「ヤシカ デジフィルム カメラ Y35」の愉しさとは?

文:天野透

表現したのはあの“操作感”。アナログ仕様の「ヤシカ デジフィルム カメラ Y35」の愉しさとは?

「ヤシカ デジフィルム カメラ Y35」。「ろうそく1本の光で写る」といわれたフィルムカメラ「エレクトロ35」のデザインに、デジタルの工夫を詰め込みました。

小難しい“儀式”のような操作が必要だったフィルム時代とは違い、写真はスマホでいつでも誰でも、簡単・綺麗に撮影できるようになりました。でも、面倒だったはずのアナログカメラの操作って、実は結構面白かったと思いませんか? そんな心の隙間に寄り添うのが「ヤシカ デジフィルム カメラ Y35」です。電子制御シャッターを世界で初めて搭載した名機「エレクトロ35」のデザインに、最新の技術を搭載。しかも単なるデジタル化ではなく、Y35はデジタル技術を使った”アナログカメラ”なのです。

最大の特徴は、フィルムのような形をした独自開発デジタルフィルムモジュール「digiFilm(デジフィルム)」。ほのかに青を感じるモノクロームや、独特のフレーミングが魅力でインスタグラムのアップにも最適なスクエアフォーマットなど、モジュールを交換することで6種類の撮影スタイルを切り替えられます。モジュールは裏蓋を開けて、パトローネの様にセット。写真の記録はSDカードを使用するため、かつて頭を悩ませた撮影枚数の制限からも解放されます。Wi-Fi内蔵のSDカードを使えば、スマホと連動してその場でSNSなどに投稿することも可能に。アナログを操る愉しさにデジタルの利便性を添えるのが、このY35の魅力です。

画素数は1,400万画素。レンズの開放絞り値はF2.0、焦点距離は35mmで、最短撮影距離は1.5mから。最速シャッタースピードも1/500sと、現代の基準から見ると、Y35は決してハイスペックとは言えません。ですが往年のレンジファインダー機を思わせるクラシカルなフォルムや、フィルム巻き上げレバーなどのギミックは、被写体に向き合う姿勢を駆り立ててくれるでしょう。自動調整任せとは真逆にある、その手で景色を切り取り、自分で写真をつくる喜びが得られるはずです。

表現したのはあの“操作感”。アナログ仕様の「ヤシカ デジフィルム カメラ Y35」の愉しさとは?

パトローネ型モジュール「デジフィルム」は、フィルムの様に裏蓋を開けてセット。手に取って感度や色調といった写真のスタイルを選ぶことで、”写真を撮る楽しみ”を再確認できます。

表現したのはあの“操作感”。アナログ仕様の「ヤシカ デジフィルム カメラ Y35」の愉しさとは?

単3アルカリ乾電池2本で駆動。フィルムカメラのような質感の写真を撮ることができる「200」モジュールが付属するセットは¥36,180(税込)。全6種のデジフィルムを同梱するコンプリートセット(¥48,060(税込))ならば、表現と選択がより豊かに。

●ヤシカ www.yashica.com

2019年3月25日(月)まで、クラウドファンディングサービス「CAMPFIRE」にて先行予約を受付中。
https://camp-fire.jp/projects/view/117493

表現したのはあの“操作感”。アナログ仕様の「ヤシカ デジフィルム カメ...

次号予告

ファッションについて 語るときに あの人の語ること。