技術の粋を凝らした超複雑時計に、 なんとニシキヘビの野...

気になる腕時計・最新情報をキャッチせよ!

ユリス・ナルダン ロイヤル パイソン スケルトン トゥールビヨン

技術の粋を凝らした超複雑時計に、 なんとニシキヘビの野性味をダイナミックにアレンジ。

文:笠木恵司

時計ジャーナリスト。1990年代半ばからスイスのジュネーブ、バーゼルで開催される国際時計展示会を取材してきた。時計工房などの取材経験も豊富。共著として『腕時計雑学ノート』(ダイヤモンド社)

パイソンのウロコ模様が奇抜なイメージだが、各パーツを強度の限界まで美しく削り込んだ透明感の高いスケルトンモデルに、フライング・トゥールビヨンを搭載したアーティスティックなコンプリケーション。

トゥールビヨンは伝統的な機械式時計で最高峰とされる複雑機構ですが、これを搭載したスケルトンモデルにパイソン(ニシキヘビ)の野性味をまとった異色の新作がユリス・ナルダンから登場しました。地板やブリッジを強度の限界まで美しく彫り込んだ透明感の高いモデルに、厳しい自然界に君臨してきたワイルドな生命力...

閲覧できる記事数の上限に達しました。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
最新号プレゼントも実施中!
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら
技術の粋を凝らした超複雑時計に、 なんとニシキヘビの野...