滋賀発のたおやかな和のバラ「WABARA」に、世界が注目し始めています。

滋賀発のたおやかな和のバラ「WABARA」に、世界が注目し始めています。

文:脇本暁子

滋賀発のたおやかな和のバラ「WABARA」に、世界が注目し始めています。

WABARAは自然に限りなく近い環境で生育されます。優しい色合いと、通常のバラより丈夫で花の持ちがよいことで知られます。photo:Masaki Komatsu

しらたま、つきよみ、暦、わたぼうし……。そんな名前をもつバラをご存じですか? これらは、バラ育種家の國枝啓司さんが生み出したオリジナル品種、「WABARA」の名前です。國枝さんは、皇太子殿下と雅子妃殿下ご成婚の際に「プリンセスマサコ」を献上した、日本を代表するバラ育種家のひとり。バラ農家の2代目だった彼が、”生きたバラをつくる”というコンセプトで30年以上をかけて生み出したバラたちは、日本語のたおやかなネーミングにふさわしい、中間色の淡い色合いで、日本のみならず海外からも注目されています。

2003年に設営されたバラ園「Rose Farm KEIJI」は、17年4月に琵琶湖のほとりに移転オープンしました。4haの広大な農園で、「土をつくることが仕事で、バラはむしろ副産物」と言う國枝さん。化学肥料は与えず、自然に限りなく近い環境で約60種類のバラを育てています。

ドイツに留学経験もある息子の健一さんがプロデュースして販売する、さまざまな商品にも注目です。オンラインショップから注文できるフラワーボックス「わばら農園」は、農園で咲いているそのままのバラを詰め合わせたもの。開けた瞬間、ふくよかな香りが広がるのに驚かされます。実は、野に咲くバラほど、子孫を残そうとするために香りが強いのだそう。バラの香りにはフルーツ香や丁字などのスパイス香、紅茶の香りまであるとか。懸命に光を得ようと曲がった茎や葉も、あえてそのまま一緒に入れて、本来のバラそのままの姿を楽しめるフラワーボックスです。

また、同じくオンラインショップから注文できる「わばら標本箱」は、名前が書かれたこよりが付いたバラを並べて届けてくれます。カフェオレ色の「いおり」や赤紫色に白色がミックスされた「暦」、ブラウン、黄色、オレンジ色の間の色合いの「そら」などの名前が付いた多様なバラは、実はすべて小豆色がかかったスモーキーなピンク色の「葵」という品種から生まれたものです。一見、突然変異と思われる色でも、遺伝子にはもともとあった色で、それが表出しただけというから驚きです。古来から世界で交雑交配が繰り返されてきたバラの歴史と多様さに、想いを馳せたいものです。

滋賀発のたおやかな和のバラ「WABARA」に、世界が注目し始めています。

琵琶湖のほとりにあるRose Farm KEIJI。農園ツアーや、小学生を対象とした花育の授業など、さまざまな活動を行っています。photo:Masaki Komatsu

滋賀発のたおやかな和のバラ「WABARA」に、世界が注目し始めています。

「わばら標本箱」¥5,400(税込)photo:Masaki Komatsu

1 / 2p