日産自動車、伝説の名車を振り返る。【R91CP編】

日産自動車、伝説の名車を振り返る。【R91CP編】

写真:谷井功 文:清水雅史(モンキープロダクション) 協力:日産

日本車のヴィンテージを語るときに欠かせないメーカーといえば「日産自動車」だろう。戦前の「フェートン」からレーシングカー「R91CP」まで7台の「伝説の名車」を紹介する。

日産自動車、伝説の名車を振り返る。【R91CP編】

ニッサンR91CP 年式:1991年 型式:R91CP 全長:4800mm 全幅:1990mm 全高:1100mm ホイールベース:2795mm トレッド(前/後):1600/1560mm 車両重量:930kg以上 エンジン:VRH35Z V型8気筒DOHCツインターボ 排気量:3496cc 最高出力:500kW(680PS)以上/7200rpm 最大トルク:784N・m(80.0kgm)以上/5200rpm サスペンション(前/後):ダブルウィッシュボーン / ダブルウィッシュボーン ブレーキ(前/後):カーボンベンチレーテッドディスク / カーボンベンチレーテッドディスク タイヤ:25.5-12.0-17 / 28.5-14.5-18

「速さ」と「燃費」を両立した、国産のグループCカー

ル・マンで最も長い直線「ユノディエール」。グループCマシン時代は、ここでの最高速が400km/hに届こうかという戦いだった。だが同時に「燃費性能」を争うレースだったことを関係者から聞くとそのギャップに驚く。1982年にFIAのモータースポーツ車両規定が変更され、屋根つきレーシングカーが新たに「グループN・A・B・C」と区分された。グループCは最も自由、かつ最高性能なカテゴリーで、マシンは「スポーツプロトタイプカー」とも呼ばれた。

このレギュレーションは、レースごとに使用できる「燃料の総量」を規制した点が新しい。以前は上限が決められていたエンジン排気量・気筒数・回転数が自由に設定できるため、得意分野を生かして燃費と速さを競うべく数多くの自動車メーカーが参戦。世界的な盛り上がりを見せる人気カテゴリーになった。

日産自動車、伝説の名車を振り返る。【R91CP編】

24時間の長丁場を戦うためには、マシンにはもちろんドライバーにも負担をかけないことが重要だ。警告灯を多用しメインのメーターは回転計、ブースト計、燃料計に絞ることで、マシンの状態を把握しやすくした。

1 / 2p