日産自動車、伝説の名車を振り返る。【FAIRLADY Z編】

日産自動車、伝説の名車を振り返る。【FAIRLADY Z編】

写真:谷井功 文:清水雅史(モンキープロダクション)  協力:日産

日本車のヴィンテージを語るときにかかせないブランドといえば「日産自動車」だろう。戦前の「フェートン」からレーシングカー「R91CP」まで「伝説の名車」を7台紹介する。今回はご存知、「FAIRLADY Z」にクローズアップ。

日産自動車、伝説の名車を振り返る。【FAIRLADY Z編】

ダットサン240Z(フェアレディZ) 年式:1972年 | 型式:HLS30型 | 全長:4115mm | 全幅:1630mm| 全高:1290mm|ホイールベース:2305mm | トレッド(前/後):1355/1345mm | 車両重量:1050kg | エンジン:L24型 水冷直列6気筒SOHC | 排気量:2393cc| 最高出力:162kW(220PS)/7200rpm | 最大トルク:230N・ⅿ(24.0kgm)/6400rpm | サスペンション(前/後):ストラット / ストラット(独立)| ブレーキ(前/後):ベンチレーテッドディスク/ ドラム(アルミフィン付) | タイヤ:70-14

ラリーフィールドで性能を磨く、ロングノーズのスポーツカー

海外を舞台にしたモータースポーツで、日産自動車が最初に成果をあげたのはラリー。1958年のオーストラリア一周ラリー「モービルガス・トライアル」に2台の「ダットサン1000(210型)」が出場し、クラス優勝を飾ったのである。

ベースとなる量産車の性能が結果に大きく影響するラリー競技への参戦は、クルマの性能を磨くためにも、また優れた性能や品質を広く知らしめるためにも効果的だった。それゆえ日産は「ダットサン」でのチャレンジを継続し、63年からはブルーバード310型で東アフリカ・サファリラリーに出場。続く410型によるクラス優勝を経て、70年には510型で念願の総合優勝を果たす。さらに翌71年にはスピード重視型ラリーへのコース変更を受け「ダットサン240Z」、つまり国内では“フェアレディZ”と呼ばれるスポーツカーに参加車両をチェンジし、見事に連覇を果たした。

日産自動車、伝説の名車を振り返る。【FAIRLADY Z編】

フルバケットシートを装着するほかはオリジナルの面影を残すコックピット。「haldaの積算計」や「HEUERのラリーマスター」など、当時のラリーマシン定番の計器類が目をひく。

日産自動車、伝説の名車を振り返る。【FAIRLADY Z編】

日産の国際ラリーにおける活躍は、L型エンジンを抜きにしては語れない。サファリラリーで優勝した510型ブルーバードは直4SOHCのL16型を搭載していたが、240Zのボンネットの下に収められたのは、L16型を6気筒化したL24型ユニットだ。

1 / 2p