「ノースフラッグ」もデビュー! 話題沸騰の「チューダー」を狙うなら、東...
PROMOTION

「ノースフラッグ」もデビュー! 話題沸騰の「チューダー」を狙うなら、東西のタカシマヤ ウオッチメゾンへ。

文:笠木恵司

「ノースフラッグ」もデビュー! 話題沸騰の「チューダー」を狙うなら、東西のタカシマヤ ウオッチメゾンへ。

新たに加わる「ノースフラッグ」。自社製自動巻きムーブメント「キャリバーT5621」(COSC認定クロノメーター)を搭載。9時位置にパワーリザーブ表示。3時位置に日付表示。ステンレススチールケース、ケース径40㎜、100m防水。¥388,800(税込)

時計ファンの間では知られた存在である「チューダー」が、2018年10月末に待望の日本上陸を果たしました。「ロレックス」を創立したハンス・ウィルスドルフが立ち上げたファミリーブランドであり、同社の技術と信頼性を備えた先駆的な時計づくりに貫徹。独自のスタイルをもつだけでなく、機械式ムーブメントも自社開発しています。

このチューダーをいち早く揃えたのが、タカシマヤ ウオッチメゾン 東京・日本橋です。1・2階合わせて800㎡の売場をもち、80ブランド以上、3000本にもおよぶ圧倒的な品揃えを誇るなか、その新しい目玉として、チューダーが加わりました。上陸後の人気も予想通りで、品揃えをさらに拡充する予定です。

また、タカシマヤ ウオッチメゾン 大阪でも、3月1日から取り扱いを開始します。こちらは1100㎡という国内最大級の売場面積を誇るだけでなく、15ブランドをブティックスタイルで個別展示するプレシャスな空間が特長。最新のインテリアを導入した売場に、チューダーも陳列されます。

そして、このタイミングに合わせて、「ノースフラッグ」が日本にデビューすることも大きな話題。50年代の北部グリーンランド探検隊がチューダーを着用していたことで生まれたコレクションであり、機能性と堅牢性、耐久性を実感させるシャープで研ぎ澄まされたデザインが魅力です。

「ノースフラッグ」もデビュー! 話題沸騰の「チューダー」を狙うなら、東西のタカシマヤ ウオッチメゾンへ。

ノースフラッグは、50年代の北部グリーンランド探検隊がチューダーを着用していたことから誕生しました。こちらはレザーストラップのタイプ。¥378,000(税込)

1 / 2p