晩酌がもっと楽しくなる便利家電を教えて!
VOL
36
写真:遠藤 宏 文:和田達彦
ライフスタイル提案型の家電店として、研ぎ澄まされたセレクトや企画性に注目が集まる二子玉川 蔦屋家電。そこでプロダクトとユーザーをつなぐ役割を担うのが、個々の製品やジャンルに精通したコンシェルジュたち。そんな彼らに疑問を投げかけ、心を満たすプロダクトを導き出すのがこの企画。今回は、ワンランク上のお酒とつまみが楽しめるアイテムについて教えてくれます。

晩酌がもっと楽しくなる便利家電を教えて!

食コンシェルジュ:磯野泰功(やすのり)さん

前職は広告系のグラフィックデザイナー。昔から料理好き、家電好きで、「人に会う仕事がしたくて」蔦屋家電へ。「デザインだけでなく、使い勝手やメンテナンスのことなどをお客さまにちゃんとお伝えしたいです」

「まずは、ワインをおいしくする家電製品をご紹介します。ワインの栓を抜いてテイスティングした際、酸味や渋みが目立ち、香りが乏しく感じられる場合があります。熟成が足りていない場合などにそうした閉じたワインになりやすいのですが、それを開くための手法としてデキャンタージュがあります。ワインをデキャンタに移し替えて空気に触れさせることで酸化を促進し、酸味と渋みを和らげつつワイン本来の香りを引き出すことができます」

普段使いのワインも、ヴィンテージワインのように

「ただし酸化を促進するということは劣化も進みますから、デキャンタに移したワインはその場で飲みきってしまわなければなりません。そこで『晩酌にボトルを1本空けてしまうのは……』という方にお薦めしたいのが、Dionysus Technology Conceptsの『ソニック・デキャンタ』です。これはワインを空気に触れさせるのではなく、超音波の振動が起こす細かい気泡でワインを攪拌することで酸素を抜き、ワインの味と香りを引き立てるというもの。安いワインでもびっくりするほど味が変わります。またウイスキーや日本酒にも効果があるので、飲み比べて楽しんでみてはいかがでしょう」

Dionysus Technology Conceptsの「ソニック・デキャンタ」(W16.5×H38×D17cm)¥34,800(税込、2018年4月現在)。色は白と黒の2色。冷水を入れ、ボトルをセットしてスイッチオンするだけで、15~20分の短時間でワインを熟成できる。作動時間は5分刻みで設定可能。

「次は、晩酌に欠かせないおつまみをつくるための家電です。お酒のおつまみとして人気の燻製。最近は趣味として燻製づくりをする方も多いようです。ただ本格的な燻製は手間もかかりますし、煙が出るので気軽につくるというわけにもいきません。でもSTYLUXの『グルーディア燻製器』なら、手軽に燻製料理を楽しむ...

閲覧できる記事数の上限に達しました。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
最新号プレゼントも実施中!
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら
晩酌がもっと楽しくなる便利家電を教えて!