持っているだけで自慢できる、個性的なインスタントカメラ...
VOL
49
写真:遠藤 宏 文:和田達彦
ライフスタイル提案型の家電店として、研ぎ澄まされたセレクトや企画性に注目が集まる二子玉川 蔦屋家電。そこでプロダクトとユーザーをつなぐ役割を担うのが、個々の製品やジャンルに精通したコンシェルジュたち。そんな彼らに疑問を投げかけ、心を満たすプロダクトを導き出すのがこの企画。今回は、個性的な限定モデルのインスタントカメラについて聞きました。

持っているだけで自慢できる、個性的なインスタントカメラを教えて!

音楽・文具フロア担当コンシェルジュ:山口史朗さん。外資系CDショップでのMDや大手家電量販店で勤務経験をもつ。豊富な知識や経験に基づいて、技術革新が日進月歩で進む家電の理解を深め、的確な商品を選ぶための好アシストをしてくれる。「親身な姿勢の接客」が信条。

「印画紙を兼ねた専用フィルムを使って、撮影した直後に現像&プリントを行うインスタントカメラのメリットは、まずは撮ってすぐに写真をプリントで見られるということ。その点でパーティーなどで活躍してくれます。また、写真の鮮明度は通常のフィルムカメラやデジタルカメラに及ばないのですが、そのふわっとした写...

閲覧できる記事数の上限に達しました。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
最新号プレゼントも実施中!
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら
持っているだけで自慢できる、個性的なインスタントカメラ...