絞りがない「ドロップゼロ」の モダンさが薫る、「カルー...
写真:加藤佳男 文:小暮昌弘
TREND | 2018AW/009

絞りがない「ドロップゼロ」の モダンさが薫る、「カルーゾ」のニューシルエットに注目。

CARUSO / Bal Collar Coat

表の生地はウール100%のカルゼ。デザインはバルカラー。¥189,000(税込)/カルーゾ(ユナイテッドアローズ 原宿本店TEL:03-3479-8180)

 スーツを買うときに「ドロップ」という言葉を耳にしたことはありますか。これは胸囲と胴回りの差寸のことで、数字が大きいほど、細身であることを意味します。この春夏、イタリアの名ブランド「カルーゾ」が発表したのが「ドロップゼロ」、つまり差寸がまったくないジャケットです。オーバーサイズや緩めの価値観が一般的になった現在、日本のユナイテッドアローズが大人の男性に向けて高いクオリティでその傾向を表現したいと発注し、実現したものです。モダンなシルエットと雰囲気は、クラシックにとどまらない「カルーゾ」だから表現できたとも言えます。今季は「ドロップゼロ」が、コートにまで発展。ボリュームのあるシルエットが、モードともクラシックとも違うテイストを醸し出しています。

ナポリ出身のテーラーが創業したブランドらしく、職人的で、美しい仕立てには定評があります。現在はハムやチーズの産地で知られるパルマ近郊にファクトリーを構えています。

コートの裏側にはタブレットも入るような大きなポケットが付いています。これも現代人のライフスタイルを念頭に置いたデザインの進化と言えるでしょう。

絞りがない「ドロップゼロ」の モダンさが薫る、「カルー...

次号予告

縄文土器から現代アートまで、語れるネタを伝授します。

超おさらい! 日本美術史。