圧倒的な個性でミニバンというカテゴリーを超えた、トヨタ「ヴェルファイア...
PROMOTION

圧倒的な個性でミニバンというカテゴリーを超えた、トヨタ「ヴェルファイア」が大人に選ばれる理由とは?

写真:小林俊樹 文:サトータケシ

圧倒的な個性でミニバンというカテゴリーを超えた、トヨタ「ヴェルファイア」が大人に選ばれる理由とは?

マイナーチェンジを受けたトヨタの新型ヴェルファイア。内外装のデザインに変更が施されたほか、進化した次世代型の予防安全パッケージを全車に標準装備する。

きびきびとした走行性能や悪路をものともしない走破性能など、クルマに求める条件は人それぞれです。なかでもクルマ選びにこだわりをもち、上質な空間で移動することに価値を見出す大人に人気を博しているのがトヨタのミニバン「ヴェルファイア」。なぜこだわりをもつ大人がヴェルファイアを選ぶのかといえば、その理由は他のミニバンとは明らかに異なる、個性的な内外装のデザインにあります。このヴェルファイアがマイナーチェンジを受け、特徴的なデザインに磨きがかかりました。

まず目を惹くのが、より精悍になったフロントマスクです。ポイントは、シャープでにらみが効いた表情の2段構成のヘッドライトを大型化したこと。これにより、“目ヂカラ”がさらに強くなっています。デザインチームがフロントの造形を考えるにあたっては、ダンベルの形状をモチーフにしたといいます。このダンベルをモチーフとすることで、新型ヴェルファイアはよりロー&ワイドな佇まいとなりました。

細部を見ると、フロントバンパーの角からボディ後方に向かって、大型のサイドポンツーン(車体両側面の構造物)がアクセントになっているのがわかります。このサイドポンツーンによって、止まっていても走り出しそうなダイナミズム、躍動感が生まれました。試乗車はエアロボディの最上級グレード、エグゼクティブラウンジZ(ハイブリッド車)なので、サイドマッドガードがメッキ処理されています。これも、どっしりと安定した低重心を感じさせるデザインです。

リアビューに目を移すと、後ろ姿がすっきりと、凛々しい印象になっていることに気づきます。これは、コンビネーションランプをソリッドな形状に変更したことの効果。フロントの造形と併せて、より現代的かつインパクトのあるデザインへと変化しました。デザインに一家言ある人も、納得の造形ではないでしょうか。

圧倒的な個性でミニバンというカテゴリーを超えた、トヨタ「ヴェルファイア」が大人に選ばれる理由とは?

2段構造のヘッドライトがヴェルファイアのフロントマスクの特徴。ダンベルをモチーフにしたデザインにより、ロー&ワイドな印象となった。

圧倒的な個性でミニバンというカテゴリーを超えた、トヨタ「ヴェルファイア」が大人に選ばれる理由とは?

コンビネーションランプの意匠の変更や、加飾部分に手を入れることでリアビューはよりすっきりした造形となった。

次号予告

ブルックス ブラザーズから始まった定番スタイル

やっぱり、アメトラでいこう。