プロジェクターでタブレットを操る、新たな発想。
家電コンシェルジュ
concierge 麻倉怜士 Reiji Asakura
デジタルメディア評論家。1950年生まれ。デジタルシーン全般の動向を常に見据えている。巧みな感性評価にファンも多い。近著に『高音質保証!麻倉式PCオーディオ』(アスキー新書)、『パナソニックの3D大戦略』(日経BP社)がある。

青野 豊・写真
photographs by Yutaka Aono
ソニーモバイル エクスぺリア タッチ
Sony Mobile Xperia Touch〈スマートプロジェクター〉

プロジェクターでタブレットを操る、新たな発想。

バッテリー内蔵で、どこへでも持ち運んで投射できる。約932ℊ。(H134×W69×D143㎜)¥161,870

情報ディスプレイデバイスとして、20世紀の中盤からテレビの時代が長く続いたが、次のスターはプロジェクターになるはずと私は睨んでいる。なぜならば、機能性とメディア性、それにスマート性においてプロジェクターは圧倒的だからだ。まず画面サイズが自在。テレビでは55型を買うと、55型のサイズのままだが、...

閲覧できる記事数の上限に達しました。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら
プロジェクターでタブレットを操る、新たな発想。

次号予告

創刊500号記念・完全保存版

愛用品と、ともに。