中身が透ける透明ボディを纏ったリモワのコラボ・キャリーケース、どう使いこな...

中身が透ける透明ボディを纏ったリモワのコラボ・キャリーケース、どう使いこなす !?

文:高橋一史

中身が透ける透明ボディを纏ったリモワのコラボ・キャリーケース、どう使いこなす !?

オフ-ホワイトとリモワがコラボした透明キャリーケース。¥140,400(税込、予価)

荷物を無造作に投げ入れて持ち運ぶ一般的なキャリーケースとは、使う意図が異なるユニークなモデルが登場しました。なんと、ボディが透明のポリカーボネイトでできています。 荷物を隠すのではなく、逆に透けさせてアピールするケースです。製造したのは、ラゲッジメーカーとして名高い、ドイツのリモワ。2018年に迎える創業120周年の記念として、このケースを誕生させました。

実はこのデザインには、話題の人物がかかわっています。その名は、ヴァージル・アブロー。世界のモードファッションに詳しく、または、アメリカのヒップホップ音楽に通じる人にはお馴染みのクリエイターです。アブローは、ヒップホップアーティストのカニエ・ウエストのもとでクリエイティブ・ディレクターとして働き、名を挙げました。自身が手がけるファッションブランド、オフ-ホワイトは、ラグジュアリーストリートと呼ばれるジャンルで高い地位を築き、芸能人やミュージシャンなどを虜にしています。そんなオフ-ホワイトとコラボして企画されたのが、このケースなのです。

ベースになったリモワの型は、「エッセンシャル モデル」。透明な本体の素材は従来品と同様のポリカーボネイトで、透過性が重視されてライナーが取り外されています。ただし、荷物に合わせて仕切りを調整する、黒の「フレックス-ディバイダー システム」が付属されており、 “隠す” 収納も可能。ほかに、オレンジ色の付け替えホイールもセットされています。

「持ち運べるディスプレイボックス」とも呼べるこのケースの使い方は、無限大。クリエイターなら、道行く人を振り向かせるプレゼンツールになるでしょう。販売イベントに出店する職業の人なら、蓋を閉めたままで商品を見せられる什器として活用できます。旅を感じさせるインテリアとして、家の中で収納を楽しむのも一興でしょう。リモワだからこそのハイクオリティなこのケースの中に、ワクワクする大人の遊び心をぎっしりと詰め込んでみませんか?

中身が透ける透明ボディを纏ったリモワのコラボ・キャリーケース、どう使いこなす !?

ホイールは「マルチホイール®システム」。TSAロックも採用。2018年7月7日に、「リモワストア 表参道 」で限定発売。

中身が透ける透明ボディを纏ったリモワのコラボ・キャリーケース、どう使いこなす !?

フレックス-ディバイダー システムを使って、効率のいい収納を。

中身が透ける透明ボディを纏ったリモワのコラボ・キャリーケース、どう使いこなす !?

透明キャリーケースをチェックする、ヴァージル・アブロー。

中身が透ける透明ボディを纏ったリモワのコラボ・キャリーケース、どう使いこなす !?

ヴァージル・アブローは、ルイ・ヴィトンのメンズ・アーティスティック・ディレクターに就任したことでも話題の人物。

リモワストア 表参道
TEL : 03-6433-5037
www.rimowa.com/ja-jp/

※7月7日(土)の発売開始に際し、デジタルチケットサービス「PassMarket」にて、事前申し込み受付を行っています。詳細は、「PassMarket」専用ホームページまで。
https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01gdf6zni029.html





中身が透ける透明ボディを纏ったリモワのコラボ・キャリーケース、どう使いこな...