原点のメッセージを、いまに伝える。
vol.04
マテリアルを追求した、美しさの神髄。

原点のメッセージを、いまに伝える。

写真:岡村昌宏(CROSSOVER) 文:まつあみ靖

ラドーの名のもとに初のウォッチコレクションが発表されたのは1957年。『ゴールデン ホース』は、その中の記念すべき1本だった。ケース素材にステンレス・スチールを用い、より多くの人に、スタイリッシュで、信頼性の高い腕時計を届けたい。そんなメッセージが込められていた。
このオリジナルモデルをオマージュし、現代の最先端技術をもって忠実に復刻した『ラドー ゴールデン ホース 1957 リミテッド エディション』が登場した。ケースデザインもサイズもカラーも、ラドーを象徴する揺れ動く錨のシンボルや一対のタツノオトシゴのロゴも当時のままに再現。しかし風防はアクリルガラスからサファイアクリスタルへ、ムーブメントも80時間ものロングパワーリザーブをもつ自動巻き仕様にアップデートされている。
そんなモデルにシンパシーを覚えるというのが、日本刀の修復や外装製作を手がける職方、大塚寛信氏である。剣道、居合を通して刀剣に魅了され、18歳から刀剣修復、研ぎ修行を経て独立。「千年の文化がある日本刀を1本でも多く残したい」と刀に対峙する。
「日本刀の修復では、用いる素材や製作上の掟だけでなく、刀が発するメッセージやストーリーを読み解くことが大切。たとえば肥後拵などは、茶の湯の美意識を日本刀の外装に取り込もうとしたもの。その精神性を現代の空気感の中で再現しなくてはなりません」
腕時計と日本刀、共通するのは精密なつくりこみだけではない。かたちをなぞることにとどまらず、オリジナルのメッセージを汲み取り、換骨奪胎して現代に活かす。その極意がラドーの復刻モデルにも息づく。

  • ラドー ゴールデン ホース 1957 リミテッド エディション

    自動巻き、ステンレス・スチールケース、ボックス型サファイアクリスタル風防、ブラックカーフレザーストラップ、ケース径37.0㎜、パワーリザーブ約80時間、5気圧防水。¥194,400(税込)

  • ラドー ゴールデン ホース 1957 リミテッド エディション

    自動巻き、ステンレス・スチールケース、ステンレス・スチールブレスレット、ボックス型サファイアクリスタル風防、ケース径37.0㎜、パワーリザーブ約80時間、5気圧防水。¥205,200(税込)

原点のメッセージを、いまに伝える。