“現実”として存分にひたれる、VR時代が到来。
家電コンシェルジュ
concierge 麻倉怜士 Reiji Asakura
デジタルメディア評論家。1950年生まれ。デジタルシーン全般の動向を常に見据え、巧みな感性評価にファンも多い。近著に『高音質保証!麻倉式PCオーディオ』(アスキー新書)『パナソニックの3D大戦略』(日経BP)がある。

青野 豊・写真
photographs by Yutaka Aono
プレイステーション VR
PlayStation VR〈 ゲーム〉

“現実”として存分にひたれる、VR時代が到来。

610ℊと重さもぐっと抑えられたVRヘッドセット。希望小売価格¥48,578

プレイステーションVR(以下、PSVR)を初めて体験したのが、今年1月のラスベガスの家電展示会、CESのソニーブースだった。一角が異様に混雑しているので、なにか?と寄ってみたら、PSVRのデモ。早速、専用のVRヘッドセットを着け、『TheLondonHeist-Getaway』を体験。高速道路...

閲覧できる記事数の上限に達しました。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら
“現実”として存分にひたれる、VR時代が到来。

次号予告

創刊500号記念・完全保存版

愛用品と、ともに。