旗艦店を銀座中央通りに移転した「ピアジェ」。創業家の4代目が語るダリと...

旗艦店を銀座中央通りに移転した「ピアジェ」。創業家の4代目が語るダリとウォーホル、そして銀座の街とは。

旗艦店を銀座中央通りに移転した「ピアジェ」。創業家の4代目が語るダリとウォーホル、そして銀座の街とは。

エントランスホールから見た1階フロア。旗艦店らしく、豊富な品揃えのジュエリーとウォッチが重厚なショーケースに飾られる。ブライダルエリアも設置。

現代の高級ウォッチとジュエリーを語る上で、スイス発のメゾン「ピアジェ」はきわめてユニークな存在といえます。複雑時計まで自社製作するマニュファクチュールでありながら、ハイジュエリーの名手としても圧倒的な人気を得たジュエラー。男性にとっても女性にとっても憧れのブランドといえる、世界的な高級ウォッチ・ジュエリーメゾンです。そのピアジェの日本旗艦店である東京の銀座本店が、このほど銀座中央通りに移転オープン。大きな話題となっています。

そもそもの本店ブティックがあったのは、銀座7丁目の交詢社通り。福澤諭吉の提唱で設立された、日本で最初の社交クラブである交詢社の真向かいでした。政財界の紳士たちが行き交う歴史ある場所から、同じ銀座7丁目のメインストリートに舞台を移したことになります。

ピアジェは2015年、フランス・パリの有名なブランドストリートであるリュ・ド・ラ・ペー(ラペー通り)7番地にブティックをオープンさせています。ヨーロッパの華の都で話題を呼んだ優雅さのエッセンスは、アジアを代表する華やかな街でも開花しました。ゴールドで縁取られたブランドロゴが輝くファサードは、ピアジェの理念である「ラディアンス(輝き、栄華)」を象徴するかのような、光輝と気品にあふれています。

エントランスから迎え入れられると、1階に揃えられたジュエリーとウォッチのコレクションを堪能できます。また、男性にも女性にも愛されるブランドの魅力ともいえる、ブライダルエリアも設けられました。吹き抜けの天井から下がるシャンデリアを眺めながら階段を上ると、よりゆったりとコンプリケーション(複雑時計)を含むウォッチや、ハイジュエリーのコレクションを品定めできる空間。VIPルームも併設されています。

日本におけるピアジェの新時代を告げる銀座本店オープンを記念して、ここにしかない特別限定モデルが登場したのも大きな話題です。メンズウォッチの「ピアジェ アルティプラノ」からは、30本だけのスペシャルピースがリリースされました。秀逸なブラウン仕上げ“青海波”ダイヤルは、いまここでしか手に入らない唯一無二の逸品です。レディス向けには「ピアジェ ローズ」「ポセション」のコレクションから限定品が発売されます。

旗艦店を銀座中央通りに移転した「ピアジェ」。創業家の4代目が語るダリとウォーホル、そして銀座の街とは。

黒を基調としたシックなファサードが、華やかな銀座中央通りに映える。新たなピアジェ銀座本店は、SHISEIDO THE GINZAや魯山人ゆかりの美術商・黒田陶苑と同じ7丁目でも注目の場所。

旗艦店を銀座中央通りに移転した「ピアジェ」。創業家の4代目が語るダリとウォーホル、そして銀座の街とは。

吹き抜けを彩るのは、ジュエリーの名コレクション「ピアジェ ローズ」をモチーフにしたシャンデリア。階段を上った2階にはコンプリケーション(複雑時計)をはじめとする逸品の展示空間があり、VIPルームも併設する。

旗艦店を銀座中央通りに移転した「ピアジェ」。創業家の4代目が語るダリとウォーホル、そして銀座の街とは。

オープンを記念し、銀座本店だけで販売される「ピアジェ アルティプラノ」の特別モデル、30本限定の通し番号入り。文字盤は波を扇状に描く“青海波”を彫ったラッカー仕上げ。18Kピンクゴールドのケースに、430P 自社製極薄手巻きムーブメントを搭載する。¥2,106,000。

1 / 2p