ガラパゴス化するミニバンを捨て、SUVに未来を託す「マツダ」の決断とは?

ガラパゴス化するミニバンを捨て、SUVに未来を託す「マツダ」の決断とは?

文:Pen編集部

写真の「CX-8」は日本で初となる最大7人乗りのSUV。同様のモデルはレクサス、スバルなど他メーカーからも発売される予定です。

最近、クリエイターの方々と話をしていると「マツダ」が話題になります。「魂動(こどう)」というデザインテーマでイメージを刷新して約6年。マツダデザインが感度の高い人々にも浸透してきたようです。「CX-5」も2代目になり、その延長で誕生したのが「CX-8」です。「最大5人乗りのCX-5を大きくして...

閲覧できる記事数の上限に達しました。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
最新号プレゼントも実施中!
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら
ガラパゴス化するミニバンを捨て、SUVに未来を託す「マツダ」の決断とは?