ボルボの良心的なワゴン「V60」が日本に上陸! ダイナミックな“二枚目...

ボルボの良心的なワゴン「V60」が日本に上陸! ダイナミックな“二枚目”の登場です。

文:サトータケシ 写真:Pen編集部

ボルボの良心的なワゴン「V60」が日本に上陸! ダイナミックな“二枚目”の登場です。

日本に上陸したボルボ「V60」の正面。こう見えて横幅は1850mm。日本の道路事情にもバッチリです。

新型ステーションワゴン、ボルボ「V60」が2018年9月に日本上陸。流行りのSUVを見慣れた目には新鮮に映りました。たとえて言うなら、ワイルド系の俳優軍団に、正統的な二枚目俳優が現れたという感じです。きりりと引き締まった凛々しいスタイリングを見て、「ワゴンもいいかも」と思われる方がいるかもしれません。 

乗り込んでインテリアを見回すと、シンプルでありながらどこか温かみを感じさせる、北欧デザインらしい魅力を堪能することができます。日本だけでなく世界的に見てもボルボの販売は好調に推移していますが、その理由のひとつに、優れたデザインがあるのは間違いありません。ただ美しいだけでなく、レザーの手触りやスイッチ類のクリック感など、身体と直に触れる部分のフィーリングがいいことも特徴です。

まず試乗したのは、2リッターの直列4気筒ターボエンジンを搭載する「T5」という仕様の1台。今後、プラグインハイブリッド仕様などもラインアップに加わる予定です。

走り出して真っ先に感じるのは軽快感。兄貴分にあたる「V90」はしっとりとした乗り心地が持ち味でしたが、V60はもう少しスポーティで、良質なスニーカーを履いた時のように軽やかに歩を進めることができます。

V90が「エレガントと洗練」をテーマにしているのに対して、V60は「ダイナミック」がテーマになっているとのこと。ちなみに弟分にあたるV40は「若さ」がテーマで、このようにブランド内で棲み分けがきちんとできていることも、販売が好調であることの理由でしょう。

ボルボの良心的なワゴン「V60」が日本に上陸! ダイナミックな“二枚目”の登場です。

全長はのびやか。歴代ボルボ・ワゴンとのカット。こんなカントリーライフを送ってみたいものです。