突然現れた未来のホンダ車、「クラリティPHEV」はいったいどんな存在?

突然現れた未来のホンダ車、「クラリティPHEV」はいったいどんな存在?

写真&文:サトータケシ

乗り方にも左右されますが、100km以上もEV走行できるのがクラリティPHEVの大きな特徴です。

ドイツの連邦議会が「2030年までに内燃機関(エンジン)車の販売を禁止する」という決議案を採択するなど、クルマの電動化の波は強まる一方です。未来のクルマを考えるにあたっては、「電動化」と「自動化」が柱になることは間違いありません。

そんな状況にあって、ホンダは新しいプラグイン・ハイブリッド車「クラリティPHEV」を発表しました。クラリティという車名に聞き覚えがない方もいらっしゃるかもしれませんが、このモデルは実は3兄弟。電気自動車の「クラリティ・エレクトリック」(北米のみで販売)と、「フューエルセル(燃料電池)」という発電機を搭載した「クラリティ・フューエルセル」が先に発表され、このクラリティPHEVが加わったのです。

つまり、電動化を見越したホンダの未来のクルマが、このクラリティ・シリーズなのです。

プラグイン・ハイブリッドという仕組みをおさらいすると、これはハイブリッド車とEVの“いいとこ取り”をしたクルマということになります。

普通のハイブリッド車と違うのは、外部電源にコンセントをつなげて(つまりプラグインして)、充電できる点です。そして電気がたっぷりある状態ではEVとして走り、電気が足りなくなるとエンジンが助けてくれます。したがってEVとは違い、充電の心配なしに走ることができるのです。

全長4915mmというサイズは、比較されることが多いトヨタ・プリウスPHVより27cmも長いので、ひとつクラスが違います。

1 / 2p
Feature Product 視覚情報をいかすには何が必要か? 脳科学者、茂木健一郎が語る、視覚と脳の不思議な関係とは。
Feature Product 視覚情報をいかすには何が必要か? 脳科学者、茂木健一郎が語る、視覚と脳の不思議な関係とは。