スティーブ・マックイーンが愛した大人の定番、「ホイヤー...

スティーブ・マックイーンが愛した大人の定番。

文:小暮昌弘(LOST & FOUND) 写真:宇田川 淳 スタイリング:井藤成一
イラスト:Naoki Shoji

第4回 「タグ・ホイヤー モナコ」

50歳という若さでこの世を去って38年が経ったいまでも、スティーブ・マックイーンは私たちにとって、永遠不滅のスタイルアイコンです。まさに、「キング・オブ・クール」。端正な顔立ちとルックスのよさ、映画のなかでスーツからカジュアルまで見事に着こなす彼の姿に誰もが憧れました。そんな彼が愛したワードローブの中から5アイテムを厳選して紹介します。第4回でご紹介するのは、古くからモータースポーツと繋がりが深かったホイヤー社(現在のタグ・ホイヤー)が著名なレース、モナコ・グランプリへのオマージュを込めて命名したモデル「モナコ」です。現在も「モナコ キャリバー11」としてオリジナルに近い形で販売されています。

「モナコ キャリバー11」。ムーブメントにスイス製タグ・ホイヤーキャリバー11搭載、自動巻き、SS、ケースサイズ縦39×横39mm、パワーリザーブ40時間、100m防水、¥680,400(税込)/タグ・ホイヤー(LVMH ウォッチ・ジュエリージャパン タグ・ホイヤー)

1971年公開の『栄光のル・マン』は、クルマ好き、レース好きで知られるスティーブ・マックイーンが自らのプロダクションを率いて制作した映画です。セミ・ドキュメンタリータッチの構成で、1970年に行われた世界的な自動車レースのル・マン24時間レースの映像を巧みに取り入れてつくられていますが、臨場感...

閲覧できる記事数の上限に達しました。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
最新号プレゼントも実施中!
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら
スティーブ・マックイーンが愛した大人の定番、「ホイヤー...