フラッグシップになったミラーレス一眼カメラ、いま注目の「オリンパスOM...

フラッグシップになったミラーレス一眼カメラ、いま注目の「オリンパスOM-D E-M1」とは!

フラッグシップになったミラーレス一眼カメラ、いま注目の「オリンパスOM-D E-M1」とは!
オリンパスの「OM」といえば、1970~80年代に全盛を誇ったオリンパスの一眼レフ・フィルムカメラのシリーズ。他の一眼レフに比べて圧倒的に小型軽量で、登山などでも強みを発揮しました(OM-1は発売当時「世界最小最軽量」を謳っていました)。その伝統あるOMの名を冠したミラーレス一眼デジタルカメラ「OM-D E-M5」が発売されたのが、昨年3月。その「OM-D」の2機種目、オリンパス全モデルのフラッグシップ機となる「OLYMPUS OM-D E-M1」が10月上旬に発売されます。
これまでのオリンパスのフラッグシップ機はデジタル一眼レフカメラの「E-5」でしたが、今後のフラッグシップ機は、ミラーボックスと光学式ファインダーをもたないミラーレス一眼デジタルカメラである「OM-D E-M1」となります。「ミラーレス一眼でありながら、従来のデジタル一眼レフ用レンズの性能も最大限に引き出す新技術を搭載し、オリンパス最高画質を実現した」というニュースリリースの文句からも、自信のほどがうかがえます。このOM-D E-M1は、コントラストAFと像面位相差AFの2つの方式を併用する高速・高精度のオートフォーカスと新しい1628万画素LiveMOSセンサーを備えています。高精細な電子ビューファインダーと優秀なボディー内5軸手ぶれ補正機構で武装した、いま最注目のミラーレス一眼をご覧ください。(Pen編集部)
フラッグシップになったミラーレス一眼カメラ、いま注目の「オリンパスOM-D E-M1」とは!

フラッグシップになったミラーレス一眼カメラ、いま注目の「オリンパスOM-D E-M1」とは!

OLYMPUS OM-D E-M1

マイクロフォーサーズ規格準拠レンズ交換式カメラ
レンズマウント:マイクロフォーサーズマウント
有効画素数: 1628万画素
撮像素子:17.3×13.0㎜サイズ4/3型 Live MOSセンサー
ファインダー形式:アイレベル式電子ビューファインダー、約236万ドット、視野率約100%
W130.4mm×H93.5mm×D63.1mm
質量約497g(付属充電池とメモリーカード含む)

OLYMPUS OM-D E-M1 ボディー(BCL-1580セット、ブラックボディ+ボディキャップレンズ「BCL-1580」)10月上旬発売予定 想定価格¥145,000前後

OLYMPUS OM-D E-M1 12-50mm EZレンズキット(ブラックボディ+「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ」[レンズは35mm判換算24-100mm相当])10月上旬発売予定 想定価格¥170,000前後

OLYMPUS OM-D E-M1 12-40mm F2.8 レンズキット(ブラックボディー+「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO」[レンズは35mm判換算24-80mm相当])2013年10月下旬発売予定 想定価格¥220,000前後

http://olympus-imaging.jp/product/dslr/em1/index.html

フラッグシップになったミラーレス一眼カメラ、いま注目の「オリンパスOM...

次号予告

縄文土器から現代アートまで、語れるネタを伝授します。

超おさらい! 日本美術史。