「メゾン キツネ」×「ヒーリー」のオードパルファンが登場! ふわっとい...

「メゾン キツネ」×「ヒーリー」のオードパルファンが登場! ふわっといい気分の柚子の香りが日本人の心に響きます。

文:高橋一史

「メゾン キツネ」×「ヒーリー」のオードパルファンが登場! ふわっといい気分の柚子の香りが日本人の心に響きます。

シュッとひと吹きした瞬間に、柑橘系の爽やかな香りがふわっと広がるオードパルファンが登場しました。柚子をベースにした、「NOTE de YUZU(ノート デ ユズ)」です。ファッションブランドや音楽レーベルで知られるパリの「メゾン キツネ」と、同じくパリの香水ブランド「ヒーリー」とのコラボレートアイテムです。

トップノートは、すっきりとしつつ風格のある香り。シンプルで上質で、化粧品によくありがちなムンとした強烈さや雑味がなく、時間が経つにつれ、潮風のような爽やかさが顔を出してきます。ユニセックスなので色気が控えめで、男女問わず多くの人に好まれるでしょう。シトラス(柑橘)系は香水の定番ですが、柚子というモチーフに新しさがあり、私たち日本人は懐かしさも感じます。この香りを身につければ思わず笑顔がこぼれ、幸せなひと時が訪れそうです。

調香師であり、ブランド創設者でもあるイギリス出身のジェームス・ヒーリーによると、実際はこの香水に柚子は使われていないそう。柚子の香りに近づけるためグレープフルーツなどを使い、ビターな風味を表現しています。

「レモンやマンダリンの香水はよくありますが、柚子は珍しい。ヨーロッパと日本をつなぐこの香りは、昔からの友人でもあるメゾン キツネの黒木理也さんが、ヒーリーの『セル・マラン』を愛用していることから出発しました。『セル・マラン』は海辺を歩いているような香りで、それと共通する香りをつくるために考えたのが柚子だったんです。京都で柚子風呂に入り、感銘を受けたときのことを思い出して……」とジェームス。

シトラス系の香りをコロンやトワレでなく、オードパルファンでつくるのはヒーリーらしさを活かした試みだそうです。ここで、香水の種類をおさらいしておきましょう。濃度が高く香りの持続時間が長い順に、パルファン(パルファム)、オードパルファン(パルファム)、オードトワレ、オーデコロンです。一般に “香水” と呼ばれるのは、最も濃厚なパルファン。オードパルファンはそれに続くもので、パルファンとほぼ同じ、5〜6時間ほど持続します。なお、オーデコロンは1〜2時間ほどと考えられています。

主張しすぎないこのNOTE de YUZUは、日常使いこそが似合う逸品。身体につけなくても、さまざまな使い方ができます。布製バッグの内側に付ければ、中のものを取り出す時にフレッシュな気分に。ルームフレグランスのごとく、部屋でカーテンに吹き付けるのも一興でしょう。風でカーテンが揺れた時にほんのりと柚子が香る、そんな奥ゆかしさも日本人らしい感性かもしれません。

「メゾン キツネ」×「ヒーリー」のオードパルファンが登場! ふわっといい気分の柚子の香りが日本人の心に響きます。

メゾン キツネ直営店、ヒーリー正規販売代理店で販売中のヒーリー オードパルファン「ノート デ ユズ」100ml ¥19,440(税込)。他に50ml 入り¥15,120(税込)の小さいボトルも。

「メゾン キツネ」×「ヒーリー」のオードパルファンが登場! ふわっといい気分の柚子の香りが日本人の心に響きます。

左から、メゾン キツネのジルダ・ロアエック、黒木理也、ヒーリーのジェームス・ヒーリー。photo:Alcibiade Cohen

問い合わせ先/メゾン キツネ カスタマーセンター
TEL:0120-667-588

「メゾン キツネ」×「ヒーリー」のオードパルファンが登場! ふわっとい...

次号予告

縄文土器から現代アートまで、語れるネタを伝授します。

超おさらい! 日本美術史。