「アウディ」のフラグシップサルーン、「A8」が生まれ変わります。

「アウディ」のフラグシップサルーン、「A8」が生まれ変わります。

文:Pen編集部

最新のA8とS8のデビューを記念して恵比寿のジョエル・ロブションで開催された一夜限りのイベントの様子。

アウディブランドの頂点に立つセダン、アウディA8。ドイツ本国ではメルセデスSクラス、BMW7シリーズとともにラクジュアリーサルーンとして人気を誇るモデルです。2010年にデビューし、5年目となる今年、マイナーチェンジが行われました。

今回のモデルチェンジの目玉は最新のLEDライトと充実した安全装備にあります。LEDライトとは、ハロゲン、HIDに次ぐ最新のヘッドライト技術です。高輝度LEDの技術が進化することによって生まれたヘッドランプで、HID以下の消費電力で明るさはいままで以上というライトです。アウディA8に採用されているヘッドライトのLEDは25個。パーキングアシストなどにも使用されるカメラと連動していて、何もない夜道ではハイビームの状態で明るく夜道を照射します。そして対向車や先行車をカメラが検知すると、眩しくないように25個のLEDを自動的に調整する仕組み。オプションでナイトビジョン アシスタントも用意されていて、夜道のドライブをさらに安全なものにすることができます。

オプションには、自動ブレーキやアクティブレーンアシストなども用意されていて半自動運転を体験することができます。これらの最新装備は、やがてA6やA4などにも搭載されていくことでしょう。アウディ先進の技術を満載したA8。ライバルたちとは違うモダンでクリーンなデザインも特徴です。

A8とともにS8もモデルチェンジ。よりスポーティでクラス最強の520馬力を誇る。

リアのコンビネーションランプにもLEDを使用。
新しくクリーンなスタイルを実現している。価格は980万円~

問い合わせ先/アウディジャパン www.audi.co.jp

「アウディ」のフラグシップサルーン、「A8」が生まれ変わります。
Feature Culture この先も東京の変化を見届けたい――。モーリー・ロバートソンが案内する、「僕が暮らし、放浪した3つの街」。
Feature Culture この先も東京の変化を見届けたい――。モーリー・ロバートソンが案内する、「僕が暮らし、放浪した3つの街」。