ヘイ、ポール。ちょっとそこに立ってみて。どうだい? こ...

東京車日記いっそこのままクルマれたい!

第8回  ミニ 「クラブマン」/MINI CLUBMAN

ヘイ、ポール。ちょっとそこに立ってみて。どうだい? この新しいクラブマンは。

構成・文:青木雄介

編集者。長距離で大型トレーラーを運転していたハードコア・ドライバー。フットボールとヒップホップとラリーが好きで、愛車は峠仕様の1992年製シボレー・カマロ改。手に入れて10年、買い替え願望が片時も頭を離れたことはない。

今回の一台を走らせるならあまり「夜」って感じがしないんだけど、実際はロゴのウェルカムランプがあったり、照明付きドア・ベゼルで12のセッティングからアンビエントな照明パターンを選べたりとかナイトタイム感も健在。MINIはやっぱり夜遊びトーキョーですよね、車日記的に。

最初に見た時、だいぶサイズアップしたな!と驚きましたね、ミニ・クラブマン。8年前に先代が登場した時には、3ドアハッチバックのあくまでもエステート版って態だったからね。特徴的なリアの観音型のドアと古式ゆかしいワゴン形状を「シューティングブレイク」と呼んでもいた。狩猟用の長モノの銃を格納し、犬をリ...

この記事はPen Membership会員限定記事です。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
最新号プレゼントも実施中!
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら