大人になってよかったね。やっぱり大好きイージーE! メ...

東京車日記いっそこのままクルマれたい!

第48回 Mercedes-Benz E220d Avantgarde / メルセデスベンツ E220d アヴァンギャルド

大人になってよかったね。やっぱり大好きイージーE! メルセデスのEクラスならナイスミドルとは呼ばせない!?

構成・文:青木雄介

編集者。長距離で大型トレーラーを運転していたハードコア・ドライバー。フットボールとヒップホップとラリーが好きで、愛車は峠仕様の1992年製シボレー・カマロ改。手に入れて9年、買い替え願望が片時も頭を離れたことはない。

メルセデスのEクラスは横っ面が命。やっぱり白いセダンは貫禄がある乗り手によく似合う。90年代のHipHopとか流れていたら惚れちゃうね(笑)。

Sクラスが出たこのタイミングで、なぜEクラスなのか。ま、これは発売から1年が過ぎ、自分が仕事で複数回使ってみて、ほぼリアルユーザー目線で感想を述べられるからです。そしてそれを述べなければいけないという、ある種の使命感に駆られているからなんだ。この賢明なる相棒E220dの名誉のために(笑)。あはははは。さて終日働いて帰宅となった時に、自分で運転したいクルマか、誰かに運転を代わってもらいたいクルマかは、クルマ選びにおいてはものすごく重要なポイント。

こればかりは、そこそこ長い距離を走ってみないとわからないところだけど、物理的には無理だよね。ディーラーで試乗して「ちょっと大阪まで」ってわけにはいかないもんね(笑)。その点、このEクラスのディーゼルはもう最大限に信頼を置いていいパートナーといえる。今回は鈴鹿まで2泊3日で1000km程度をドライブ。その前にも1回、同じE220dで浜松を往復して500km程度を仕事で使ってたんだけど、その時のロングドライブの記憶が身体に染み付いていて、前の晩から楽しみで眠れなくなったぐらいなんだ(笑)。ひさびさの逢瀬に胸高鳴らせてるってヤツだよ!

まずロングホイールベースの安定性があって、搭載されている2ℓのディーゼルターボとの相性が最高。上までひっぱり回す走りじゃないけど、9速使って安定的にトルクを引き出しつつ、スムーズにより高いギアへとつないでいく。メルセデスディーゼル、熟練のシフトさばきって感じだよね。高速道路で巡航速度が高めになっても、まったく不満はなし。不満はないというか、むしろどんなにアクセルを踏んでも気にしないでいい、圧倒的な燃費のよさに恐縮しちゃうよね(笑)。え?これだけ走って、これだけでいいんですか?みたいな。この余裕の走りを13km/ℓぐらいの燃費と軽油の燃料価格で味わうと、そこそこ名が知れたステーキ店に入って食事を楽しんだら、チェーン店と同じ価格だったみたいな感じですよ。

もちろんEクラスの目玉、ドライブパイロットの機能である、車線を認識しつつ先行車に追従して巡航し、ウインカーを出すと自然に車線変更してくれる機能とか、ほとんど自動運転だよね。慣れちゃうと手離せない機能だし、そういったアシストを一切介入させないで走っても、軽量化されたEクラスは基本構造からして気持ちE(笑)。運転席正面にドンと付いた大型のインフォメーションパネルは毎回見るたびに、大人の落ち着いた気分にしてくれるし、夜間のアンビエントなLED光も悪くない。朝までに大阪行かなきゃって時に、何のためらいもなく、ハンドルを握れるのがEクラス。その点はもう抜群に信頼してEよね。

●エンジン:2.0ℓ直列4気筒ディーゼルターボ
●出力:194PS
●トルク:400Nm
●トランスミッション:9速AT
●車両価格:¥6,980,000~

●問い合わせ先/メルセデスコール
TEL:0120-190-610
www.mercedes-benz.co.jp