アメリカンカルチャーの象徴となった、唯一無二のスペシャリティカー【名車...

アメリカンカルチャーの象徴となった、唯一無二のスペシャリティカー【名車のセオリー Vol.6 フォード マスタング】

文:鈴木真人 イラスト:コサカダイキ

初代のマスタング クーペ。最廉価モデルは2368ドルで、V8エンジン、オートマチックトランスミッション、パワーステアリングなどはオプションだった。

時を経ても色褪せず圧倒的に支持され続けるモデルを紹介する、連載シリーズ「名車のセオリー ロングヒットには理由がある」。第6回で取り上げるのは、アメリカンなスポーティカーの象徴となっているフォード マスタング。数々の映画で勇姿を見せていることでも知られる。

フォード マスタングは、アメリカン・スポーティカーの代表と言っていいだろう。力強いフォルムのボディにパワフルなエンジンを搭載し、モータースポーツでも活躍した。名車であることは確かだが、このクルマの意義はそれだけにとどまらない。ひとつのジャンルをつくり出したのだ。「ポニーカー」と呼ばれる一群のモデルの先駆けとなったのだ。ポニーとは成長途上の子どもの乗馬用に与えられる小型の馬のことで、ポニーカーという言葉には、若者が最初に手にするクルマという意味が込められている。またマスタングというモデル名も、小型の半野生馬という意味をもつことからそう名付けられた。初代マスタングがデビューしたのは、1964年。ベビーブーマーと呼ばれる第二次世界大戦後に生まれた若者が運転免許を取得する時期に当たる。当時、フォードの副社長だったリー・アイアコッカが、この巨大なマーケットに向けたモデルとして開発させたのがマスタングなのだ。

映画『ブリット』の撮影では、2台のマスタング GT390 ファストバックが使われた。その内の1台は長らく行方不明になっていたが、ナッシュビルの倉庫に眠っていたのが2018年に発見された。

実際には、マスタングの前にも似たようなモデルが存在していた。59年に発売されたシボレー モンザは、コルベアをベースにスポーティな装いを与えられていた。マスタングが発表される2週間前には、クライスラーがプリムス バラクーダをデビューさせている。マスタングがポニーカーの代表とみなされたのは、マーケティングの巧みさが理由だろう。ベース価格は2500ドルほどに抑え、豊富なオプションを用意して自分好みのクルマに仕立てることができるようにした。「フルチョイスシステム」と呼ばれるこの方式が好評で、マスタングはベストセラーになる。65年には約56万台が販売された。他メーカーも黙ってはいない。シボレー カマロ、ダッジ チャレンジャーなどが後を追った。遠く日本でも、70年にトヨタ セリカが登場する。ロングノーズ・ショートデッキのスタイルをもつコンパクトなスペシャリティカーというコンセプトは、広く若者にアピールしたのだ。

映画『男と女』には、初代マスタングのハードトップとコンバーチブルが登場する。レースシーンでのカーナンバーは184。主演したジャン=ルイ・トランティニャンは、カーナンバー145の同車で実際にラリー・モンテカルロを走っている。

マスタングがアメリカンカルチャーの象徴的な存在になったのは、映画の影響が大きいだろう。68年公開のアメリカ映画『ブリット』には、映画史に残るカーチェイスがある。マスタングに乗るスティーブ・マックィーンがダッジ チャージャーを追い詰める場面だ。2台がサンフランシスコの坂道を疾走するシーンには、音楽もセリフもない。V8エンジンの咆哮とタイヤのスキール音だけでしびれるような緊張感を表現するという、クールでストイックな演出である。66年公開のフランス映画『男と女』では、2台のマスタングが重要な役割を果たしていた。レーシングドライバーのジャン=ルイは、マスタングの白いハードトップでラリー・モンテカルロに参戦している。プライベートで乗っているのが赤いコンバーチブルで、ドーヴィルで出会ったアンヌをパリまで送り届けた。一方でライバルであるはずのシボレー カマロには、あまり映画で活躍したイメージがない。代表作がSFアクション映画『トランスフォーマー』シリーズというのでは、マスタングに対抗するのは難しい。

1 / 2p
Feature Product 【ピアジェを巡る6つの逸話】第2回:独自のデザインが生む、永遠のレガシー
Feature Product 【ピアジェを巡る6つの逸話】第2回:独自のデザインが生む、永遠のレガシー