コンパクトカーの世界標準となった、ドイツ発のFFハッチバック【名車のセ...

コンパクトカーの世界標準となった、ドイツ発のFFハッチバック【名車のセオリー Vol.4 フォルクスワーゲン ゴルフ】

文:鈴木真人 イラスト:コサカダイキ

初代ゴルフ(ゴルフⅠ)の全幅は1610mm。ポロの現行モデルよりコンパクトだった。

時を経ても色褪せず圧倒的に支持され続けるモデルを紹介する、連載シリーズ「名車のセオリー ロングヒットには理由がある」。第4回で取り上げるのは、コンパクトカーの世界標準であり続けてきたフォルクスワーゲン ゴルフ。合理的なパッケージングで小型車に革命を起こし、いまも他の追随を許さない存在だ。ゴルフ...

この記事はPen Membership会員限定記事です。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら
コンパクトカーの世界標準となった、ドイツ発のFFハッチバック【名車のセ...

次号予告

創刊500号記念・完全保存版

愛用品と、ともに。