軽量でコンパクトな、日常道具としての椅子。
Vol.66
軽量でコンパクトな、日常道具としての椅子。
フォールディングチェア

モーエンス・コッホ

文:竹内優介(Laboratoryy) 編集:山田泰巨

数ある名作椅子のなかで、木製の折り畳み式を代表するのが、モーエンス・コッホが1932年に発表した「MK99200 フォールディングチェア」です。普遍的な構造の椅子でありながら、随所にこだわりが光る一脚です。

閲覧できる記事数の上限に達しました。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
最新号プレゼントも実施中!
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら
軽量でコンパクトな、日常道具としての椅子。