メカニケ・ヴェローチの4ダイヤルが、新ムーブメントを搭載して大幅に進化。

メカニケ・ヴェローチの4ダイヤルが、新ムーブメントを搭載して大幅に進化。

文:笠木恵司

メカニケ・ヴェローチの4ダイヤルが、新ムーブメントを搭載して大幅に進化。

メカニケ・ヴェローチ「アイコン」。自動巻き、18Kピンクゴールド、ケース径49㎜、パワーリザーブ約40時間、5気圧防水。¥4,104,000(税込み)

丸形の大きなダイヤルに、同サイズの4つのサブダイヤルが整然と並んだ腕時計をご存じでしょうか。しかも、それぞれを4つの独立した自動巻きムーブメントが駆動することで、4つの異なる時間帯を分まで示すモデルでした。

 この時計を世に送り出したブランドはメカニケ・ヴェローチ。同社は2006年の創業直後に発表された、この「クアトロ・ヴァルヴォレ」で世界に大反響を巻き起こしました。著名な小説家も愛用するほどユニークなモデルです。同社は内部のムーブメント開発にも着手。昨年に完成した自動巻き「MV8802」を搭載した新作「アイコン」がこのほど発売されました。

 このムーブメントは、オリジナルの地板に「ETA2892」のパーツを組み込んでおり、たったひとつのムーブメントで前述した4つの時間帯を独立して駆動することが際立った特徴です。それぞれの時間帯はケース横に配置された4つのボタンで調整。通常の時計では4時位置に当たるサブダイヤルだけに赤い秒針が付いており、ローカルタイム(自分のいる場所の現地時間)を示します。第2時間帯を表示するGMTは、分を共通として省略して時間だけを針などで示すのが普通です。ところが、世界にはインドやネパールなど30分、または15分という単位をもつ時差の国があるので、そうした地域の時間を表示するにはとても便利です。しかも、それが4つのムーブメントからひとつに集約されたので、精度調整やメンテナンスなども大幅に簡略化されています。

 メカニケ・ヴェローチは、カーレースに魅了されたふたりのイタリア人がミラノで創業しました。4つのダイヤルも四気筒エンジンのピストンをイメージしてデザインしたものです。現在ではスイス・ジュネーブに本社を置いているので、イタリアンデザインによるスイスメイドといえるでしょう。今回のムーブメント開発の成功によって、今後はカタチだけでなく、内部の機構でもさらなる独創性が発揮されそうです。

メカニケ・ヴェローチの4ダイヤルが、新ムーブメントを搭載して大幅に進化。

新開発の自動巻きムーブメント「MV8802」。これひとつで、4つの時間を独立して表示することができます。

メカニケ・ヴェローチの4ダイヤルが、新ムーブメントを搭載して大幅に進化。

メカニケ・ヴェローチ「アイコン」。自動巻き、チタン、直径49㎜、パワーリザーブ約40時間、5気圧防水。¥950,400(税込み)

メカニケ・ヴェローチの4ダイヤルが、新ムーブメントを搭載して大幅に進化。

新ムーブメント搭載の「アイコン」は、ケース素材やサブダイヤルのカラーリングが異なる4モデルをラインナップ。

問い合わせ先/ビックグローブ TEL:03-3401-8006

メカニケ・ヴェローチの4ダイヤルが、新ムーブメントを搭載して大幅に進化。

次号予告

今年最も輝いたクリエイターたちの軌跡

クリエイター・アワード2018