ジュネーブショーでヴェールを脱いだ、マクラーレン第3のモデル「650S...

ジュネーブショーでヴェールを脱いだ、マクラーレン第3のモデル「650S」とは?

ジュネーブショーで発表された650S。ドアはガルウイング式を採用。クーペの価格は195,250ポンド(英国販売価格)。

いまから2年前。本格的なスーパーカーブランドとしてMP4-12Cというモデルを発表した英国のマクラーレンオートモーティブ。超高性能なモデルP1を限定販売(すでに完売)したかと思えば、今月のジュネーブショーでは650Sという新しいモデルを発表しました。わずか2年の間にこれだけの車種を発表できるのは、スポーツカー開発の技術力の高さと綿密な計画があったからでしょう。
今回発売された650Sは12C(旧MP4-12C)の兄貴分に当たるモデル。ボディはカーボンモノコックを使用し、重量は1300kg台。3.8LのV8ツインターボエンジンは650馬力の出力をもち、0~100km/hをわずか3秒で駆け抜け、最高速は329km/hに達するといわれています。弟分の12Cより高性能な650Sは、同じミッドシップながら、ラグジュアリーな機能を標準装備。より大人のスポーツカー、といえるでしょう。
クーペと同時にオープンモデルのスパイダーも発表されましたが、マクラーレンとほかの高級スポーツカーメーカーとの大きな違いは、新型モデルの開発スピードなのかもしれません。(Pen編集部)

コクピットのデザインは12Cに似ている。

同時に発表されたスパイダー。ルーフは電動のリトラクタブル・ハード・トップ。開閉時間は17秒。

ジュネーブショーでヴェールを脱いだ、マクラーレン第3のモデル「650S...
Feature Product 鮮やかな刷新を遂げた、ブライトリング伝統のクロノマット
Feature Product 鮮やかな刷新を遂げた、ブライトリング伝統のクロノマット

次号予告

商店街・純喫茶・銭湯・ヒーロー・歌謡曲…ほか

昭和レトロに癒やされて。