斬新なオープンコクピットのスーパーカー、マクラーレン エルバを彩る‟ガ...

斬新なオープンコクピットのスーパーカー、マクラーレン エルバを彩る‟ガルフカラー”とは?

文:小川フミオ

ガルフカラーを纏ったマクラーレン エルバ。カーボンファイバー製の軽量・高剛性シャシーに、599kW(815ps)のパワーと800Nmのトルクをもつ4リッターV8ツインターボエンジンを搭載す。

マクラーレン史上もっとも軽量なボディと、斬新なオープンコクピットを採用するスーパーカー、マクラーレン エルバに「ガルフ・テーマ」なるビスポークモデルが登場。2020年12月3日、マクラーレン・ジャパンの手によって東京・六本木でお披露目が行われた。

波や水滴など自然界の造型からインスピレーションを受けるマクラーレン。独自のセンスはなににも似ていない美を生みだしている。しかも、美しいだけではない。エルバは815馬力という信じられないほどの高性能で、公道でもサーキットでも楽しめるよう設計されているのだ。

今回発表された「ガルフ・テーマ」は、エルバの楽しみかたの一例としてつくられた。ガルフとは、1901年に米ペンシルバニア州ピッツバーグで創業されたガルフ・オイルのこと。世界中のモータースポーツシーンで戦闘力のあるレーシングマシンを彩ってきたのが、レッドとブルーをメインに使ういわゆるガルフカラーである。このイメージカラーをまとった車体は、世界中のクルマ好きの憧れでもあった。今回発表されたエルバの「ガルフ・テーマ」は、往年のガルフカラーを現代ふうにアレンジしたところに特徴をもつ。

リアビューはガルフ・テーマのカラーリングのせいかどことなくレトロスペクティブな雰囲気もあり心惹かれる。

マクラーレンとガルフの関係は、ニュージーランド出身のレースドライバーであり、このブランドの創業者であるブルース・マクラーレン(1937−70年)がみずからレースで走っていた時代から続くもの。ガルフオイルは当時からマクラーレンのスポンサーを務めてきたのだ。マクラーレンが手がけた往年のマシンの写真をみると、ガルフオイルのロゴが車体を飾っている。戦闘力のあるマクラーレンのマシンと、ともに引き立て合う関係だった。

今回「ガルフ・テーマ」でエルバを仕上げたのは「MSO」。マクラーレンにあってレースカーからスペシャルオーダーの車両まで担当する「マクラーレン・スペシャル・オペレーションズ」だ。同部署のデザイナーが、ガルフ・オイルとマクラーレンの関係をヘリティッジとして、エルバの美を損なうことなく、伝統を連想させるカラーリングで塗り上げた。

六本木のグランドハイアットでお披露目されたガルフ・テーマのエルバ(手前)と、やはりガルフ・テーマのカラーリングを施されたマクラーレン・セナ(奥)。

1 / 2p
Feature Food ラウンダバウト店主の小林和人が飲む、大人のための上質なチューハイ「サッポロチューハイ99.99(フォーナイン)」。
Feature Food ラウンダバウト店主の小林和人が飲む、大人のための上質なチューハイ「サッポロチューハイ99.99(フォーナイン)」。